医学よもやま話

医学情報をご提供します。

腸捻転と腸閉塞の違い

advertisement

腸捻転で腸閉塞が起こる。

****

f:id:tpspi:20170723123806g:plain

 

腸捻転

腸捻転は腸自身のねじれであり、多くはS状結腸に多く見られるが(90%以上)、盲腸や横行結腸でも多く見られる。高齢者はリスクが高い。大腸が腸間膜と癒着すると腸捻転により腸閉塞が起こる。

腸捻転患者には慢性の便秘が有るか下剤の慢性的な使用歴がある。更に、介護施設入所者には腸捻転のリスクが高くなる。

腸捻転の症状として急性の膨満感、吐き気、嘔吐、腹痛が起こる。激痛や圧痛は腸に虚血及び穿孔が生じていることを示唆している。

治療しないで放置すると、腸閉塞により患部が壊死し、腹膜炎、大腸の破裂、及び死に至る。キリキリする激痛、吐き気、嘔吐、腸音欠如、腸の拡張は腸捻転を示唆し、X線検査で確定診断される。

 

腸閉塞

腸閉塞には2種類ある。物理的閉塞と非物理的閉塞である。物理的閉塞では腸が物理的に閉塞し消化物が送れなくなる場合である。これは腸捻転、ヘルニア、宿便、腫瘍、又は異物で生じる。

腸の全長は7から9メートルと言われており、食べた物が消化排泄されるまでに長い経路をたどることになる。消化物は腸の蠕動で送り出される。蠕動が遅くなったり、蠕動が停止すると、消化物が腸内で滞る。これが非物理的閉塞であり、イレウスと呼ばれる。

イレウスでは、消化物、ガス、液体の全てが通らなくなる。イレウスは手術の後遺症として起こることがある。

イレウスは重大な病態であり、放置すると腸に穿孔ができたり、破裂する場合がある。これにより高濃度の細菌を含んだ腸内容物が腹腔内に広がり、死に至る。イレウスは直ちに外科手術が必要である。

イレウスのこの他の原因として腹部への血液供給の低下があげられる。腸の手術により蠕動が停止することがあるため、イレウスのリスクが高くなる。

腹部手術によるイレウスでは、症状は一過性で、48から72時間で治ることが多い。腹部以外の手術として関節や胸の手術の後遺症としてイレウスが起こることがある。

 

参考文献

Charlene Prather, “Inflammatory and Anatomic Diseases of the Intestine, Peritoneum, Mesentery, and Omentum”, Cecil Medicine