医学よもやま話

医学情報をご提供します。

体循環と肺循環の違い

advertisement

酸素、二酸化炭素、栄養分、及び老廃物の循環路

****

f:id:tpspi:20170722155417g:plain

Credit:  “Pulmonary and Systemic Circulations”, Educational channel

 

体循環

体循環は酸素と栄養分を含んだ血液が心臓の左心室から大動脈及び他の動脈を通り全身の毛細血管に送られ、二酸化炭素と老廃物を含んだ血液が静脈及び大静脈を通って右心房に戻る血液の流れである。

体循環で送られる血液には赤血球と血漿が満たされるが、これらの成分は血液が流れる方向により異る。心臓から酸素を含んだ血液が全身に送られる、酸素を失い二酸化炭素を含んだ血液が心臓へ戻る。

左心室は動脈から酸素を含んだ血液を全身に送り出し、左心房は全身からの酸素を失い二酸化炭素を含んだ血液を静脈から受け取る。

動脈と静脈の間には赤血球とほぼ同じ大きさの毛細血管があり、酸素、二酸化炭素、栄養分、及び老廃物の受け渡しを行う。

 

肺循環

肺循環は肺と心臓間の血液の流れである。右心室から酸素を失った血液が左右の肺動脈を通って左右の肺に送られる。血液が肺に入った後、肺胞を取り囲んでいる毛細血管を通して二酸化炭素と酸素の交換が行われる。毛細血管が集まって肺静脈を形成する。酸素を含んだ血液が肺静脈から左心房に流れる。

右心室は肺動脈から酸素を失った血液を肺に送り、左心房は肺静脈から肺で酸素を含んだ血液を受け取る。

 

参考文献

Difference Between Systemic Circulation and Pulmonary Circulation”, DifferenceBetween.net

Pulmonary and Systemic Circulations”, Educational channel