医学よもやま話

医学情報をご提供します。

ニキビと発疹の違い

advertisement

毛穴の塞がりと皮膚の炎症

****

f:id:tpspi:20170710081956g:plain

Photo:  体に現れた発疹

 

ニキビ

ニキビは皮膚の表面の毛穴が詰まり生じる皮膚の疾患であり、油分が多く作られる10代に多く見られる。

乳児を含む、すべての年代層でニキビを患う可能性がある。汚れや細菌が毛穴を塞ぎ、油分が溜まってしまう。これにより毛穴が膨れ、赤くなってしまう。

毛穴が極度に塞がると、痛みを伴い難治性の膿疱ができる。ニキビは主に顔、首、及び胸に生じる。

 

発疹

発疹は外因性又は内因性の炎症である。食物、染料、及び薬品アレルギーにより生じることもある。

帯状疱疹や乾癬などの疾患により体のいたる所に発疹が現れることがある。ストレス、栄養不足、及び気候の急変により悪化することもある。

発疹と同時に痛み、息切れ、腫れが現れた場合は、アレルギー反応の可能性が高い。

これらの症状が改善しないときは、直ちに医師の診察を受ける必要がある。

 

病態の相違

発疹の予防と治療には原因を知ることが重要である。発疹がニキビや他の薬物によるものかを区別する必要がある。ほとんどの発疹は体のいたる所に現れる。

発疹は体のいたる所に現れるが、水泡は生じない。顔に生じる発疹は他の症状を伴う。

はしかや水疱瘡などの幼年期の疾患では発疹の他に、発熱を生じる。発疹の原因が刺激による場合はアレルギー検査で確認できる。

 

治療

ニキビや重度な発疹は患者に自信を失わせるため、予防と早期の治療が必要。

顔の発疹は医療とライフスタイルの両面から防止する。

ニキビを防止するには、顔の洗顔が重要である。皮膚の乾燥を防ぐために刺激の少ない石鹸を使用する。皮膚の炎症や毛穴の閉塞を防止するために油分の多いローションや化粧品の使用は控える。

発疹の治療薬としてヒドロコルチゾンが効果がある。

 

参考資料:

JOSH PATRICK, The Differences Between Acne & a Skin Rash on the Face

Livestrong.com