医学よもやま話

医学情報をご提供します。

色覚異常 ― 網膜の錐体細胞の障害

advertisement

ほとんどが先天性であるが、加齢により発症することがある。

****

f:id:tpspi:20170627090920g:plain

Photo:  アメリカの信号機

 

色覚異常とは

健常人は他の人と同じように色を識別できるが、一部の人は健常者と同じように色の識別ができない。重度の色の識別障害を色覚異常とよぶ(かっては色盲と呼ばれていた)。色覚異常は軽度であれば見逃されてしまい、検査を受けて初めて気づく眼の障害である。

先天性の色覚異常は網膜内の光色素の異常により生じる。人では、光色素を作りには数種類の遺伝子が必要であり、遺伝子に障害があると色覚異常になる。

青、緑、及び赤に反応する3種類の光色素の障害により色覚異常は分類される。

色覚異常は眼、視神経、色情報を処理する脳の部位に対する物理的又は化学的傷害によっても起こる。更に、色覚は更に加齢によっても(ほとんどが白内障が原因である)衰える。

 

色覚異常にかかる人

先天色覚異常は日本人男性の20人に1人(5%)、日本人女性の500人に1人(0.2%)が生じており、後天色覚異常についても、白内障が全人口に対して30%を超える割合(80歳以上では100%)であることから、高齢者のかなりの割合で色覚異常があると考えられている(注1)。

先天性の色覚異常で一番多いのがX染色体によるものであるため、男性が女性より遥かに色覚異常が現れやすい。男性はX染色体が1個しかないのに対して、女性は2個有するため、修復が可能であることによる。

先天性の色覚異常は出生時、幼少時、または成人してから現れることがある。

 

色を識別するメカニズム

すべての人がイチゴは赤いと答えるが、すべての人が同じ赤色を見てるわけではない。色覚と脳が連携して光を感知する機能には個人差がある。

光が眼に入ると、角膜と水晶体を通って網膜で像を結ぶ。網膜には光に反応する多数の光受容体がある。

光受容体は多数の棒状の桿体と円錐状の錐体から構成されている。桿体は約1億2000万個で錐体は約600万個である。

桿体と錐体は光で化学変化を起こす光色素を含んでいる。光色素は化学変化により電気信号を脳の後頭葉の視覚野に送る。

桿体は弱い光に反応する夜間視として機能し、錐体は強い光に反応する昼間視として機能する。

桿体は1種類の光色素を含んいる。これに対して、錐体は錐体と異なる3種類の光色素のいずれかを含んでおり、赤、緑、青のいずれかに反応する。錐体により色覚が得られる。

人は3種類の光色素を持っているのに対して、他の哺乳類は2種類の光色素しか備えていない。蝶など一部の動物は3種類以上の光色素を有している。

人は3種類の光色素を持っているため、ほとんど同一の色覚があるが、人により眼と脳が光を色に変換する程度が異なる。ある人の青は他の人の青より強かったり、弱かったりする。色覚異常があると、赤や緑が他の人の茶色であったりする。

 

色覚異常の種類

色覚異常で最も多いのが先天性である。先天性の色覚異常では錐体の光色素を作り出す遺伝子に欠陥がある。ある種の障害は色に対する色素の感度が変化してしまう。例えば、赤に対して感度が強くなり、緑に対して感度が弱くなる。他の遺伝子欠陥では色素が完全に失われる。

 

色覚異常の診断

石原式色覚異常検査表は赤と緑の色覚異常の検査で最も多く使用されている。

石原プレートと呼ばれる色の付いた大きな円の中に色の異なる小さな点が印刷されている。色覚が正常は人は数字や特定の形状が判読できるが、異常が有ると判読できない。

ケンブリッジ色覚検査法では石原プレートに類似しているがコンピュータ・モニタを使用している。背景と異なる色のCの形状を判読する。4方向でランダムにCの文字が表示される。Cの文字が判読できたら、文字の向きに対応するキーを押す。

 

色覚異常の治療法

色覚異常は治癒しない。赤と緑の色覚異常では、特殊なレンズを使用することによりある程度の色覚を持つことができる。欠点として、これらのレンズは明るい光が必要である。

現在、色覚異常に対し色覚補助装置が開発されている。

一例として、色を識別するためのiPhoneやiPad用のアプリが開発されている。これらのアプリを使用することにより、色覚異常があっても果物が熟しているかの判断や衣類を試着する時役に立つ。

 

色覚異常の日常生活への影響

色覚異常があるとグラフなどでカラーの情報の判別が困難になる。特に、児童が色覚異常の自覚がない場合、教材の多くはカラー印刷されているため、学習に支障が出る。美術の時間では絵の具やクレヨンの選択が困難になる。

成人でも、日常生活で、肉の焼き加減がわからなくなる。信号機の色の区別、地図の判読、衣服の購入、など不便を感じることがある。しかし、ほとんどの色覚異常のある人は適応することを学んでいる。

 

学校での色覚異常検査

2003年3月、文部科学省は定期健康診断の必須項目から、色覚検査を削除した。その理由として、先天性色覚異常で差別が生じたり、不利益を被ったりすることが社会問題化したためであった。しかし、検査を行わないことによる問題(就職や試験で門前払いされてしまうなどの不利益)が生じて、同省は色覚検査を2016年に再開することになった(注2)。

 

参考文献:

Facts About Color Blindness”, National Eye Institute

 

注1:

色覚異常」、参天製薬

注2:

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと」、よみうりオンライン

 

関連情報:

夜盲症 ― 網膜の桿体の障害

網膜の桿体と錐体の違い