医学よもやま話

医学情報をご提供します。

網膜の桿体と錐体の違い

advertisement

モノクロの暗所視とカラーの明所視

****

f:id:tpspi:20170625083414g:plain

Credit:  Rods and Cones of the Human Eye, School of Life Science

 

目の角膜から入った光はレンズと水晶体を通っては網膜の桿体と錐体に届く。桿体と錐体は入射光を神経インパルスに変換する。

光は網膜桿体と錐体を活性化させる。

 

目の網膜には桿体と錐体と呼ばれる光を感知する細胞があり、特定の波長のエネルギーを神経線維の活動電位に変換する。網膜には約600万個の錐体と約120万個の桿体が有る。

 

桿体

棒状の細胞で、網膜に約1億2000万個ある。網膜の外側に有る。弱い光に反応し、暗所視として機能する。色素としてロドプシンを含む。ロドプシン欠乏で夜盲症になる。1個のニューロンで複数の桿体を支配するため分解能は低い。点滅に対する反応は高い。

 

錐体

円錐型の細胞で、網膜に約600万個ある。網膜の中心にある。青、緑、及び赤の錐体が有り、明所視として機能する。色素としてイオドプシンを含む。イオドプシン欠乏で色盲になる。1個のニューロンが1個の錐体を支配するため分解能は高い。点滅に対する反応は低い。

 

関連情報:

角膜と網膜の違い

オーガスⅡ対オーレップ