読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

消化性狭窄

advertisement

胃食道逆流疾患を放置しておくと消化性狭窄による嚥下障害を発症する。

****

f:id:tpspi:20170501104051g:plain

Credit:  バリウム食道造影検査(食道狭窄部を検出)、Double Contrast Esophagram Steps

 

胃食道逆流疾患が悪化すると合併症として食道狭窄が起こる。長期に胃酸の逆流により生じる。疫学研究によると狭窄患者は減少している。食道に重度の炎症が起こると、線維症や瘢痕が生じ、食道が短くなる他、弾力性が失われる。

 

臨床症状と診断

消化性狭窄の典型的な症状は固形物の嚥下障害で、胸焼けや胃酸の逆流の前兆を伴う場合がある。狭窄はバリウムを使用した食道造影検査又は上部消化管内視鏡検査で検出可能である。

 

鑑別診断

消化性狭窄は他の食道狭窄疾患と鑑別が必要。食道狭窄は薬剤の副作用、経鼻胃管挿管、腫瘍、感染、放射線、外科的吻合、全身疾患、腐食性物質、及び外部からの圧迫で生じる。

内視鏡下生検及び細胞検査により狭窄の原因が良性か悪性かの鑑別を行う。

 

治療

内視鏡下食道拡張術が治療の基本。嚥下障害が緩和するように管腔を拡張する。術後、患者はプロトンポンプ阻害薬の治療を受ける。。

 

予後

内視鏡下食道拡張術は症状を軽減するが、一部の患者では再発により、再手術が必要となる。