読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

交感神経受容体遮断薬 - α、β、及びαβ受容体遮断薬

advertisement

f:id:tpspi:20170426174537g:plain

****

 

photo:  プラゾシン、 α遮断薬

 

交感神経の興奮が心臓洞房結節のβ受容体に作用すると心拍数と心拍出量が増大する。末梢血管のα受容体に作用すると血管収縮が起こる。交感神経系が作動し続けることにより、血管再構築、レニン分泌、及び遠位尿細管によるナトリウム排出の低下により慢性高血圧症を発症すると考えられている。

 

α遮断薬

作用機序

α遮断薬は血管のα受容体とノルエピネフリンの相互作用を遮断することにより、末梢血管の拡張を行い、血圧を降下させる。α遮断薬は更に骨格筋の血流を増大させることにより、インスリンの感度を増大させる。α遮断薬プラゾシン、ドキサゾシン、テラゾシンなどは選択的にα1受容体を遮断し、フェノキシベンザミンはα1及びα2受容体を共に遮断する。

 

治療原則

選択性α1遮断薬は体液貯留を引き起こすため、タキフィラキシー(生理学的有効成分の反復投与によって反応が次第に弱まること)により心不全が生じたり、悪化するため、単剤で一次治療薬として使用することはできない。

α遮断薬を他の薬剤(利尿剤など)と併用することにより、難治性高血圧症で前立腺肥大症を併発している高齢者患者の治療に使用可能である。

 

β遮断薬

作用機序

エピネフリン又はノルエピネフリンと心臓のβ1受容体の相互作用によりアデニル酸シクラーゼのGタンパク質と結合し、陽性変時作用と変力作用(心拍数を増やす作用と心室の収縮能力を強める作用)が生じる。カテコラミンとβ2受容体の相互作用により細気管支及び細動脈の平滑筋が弛緩する。

β遮断薬による治療の直後では、心拍出量の低下が末梢血管抵抗による増加により相殺されるため血圧はほとんど変化しない。

時間が経過すると、末梢血管の弛緩により、血圧は徐々に低下する。従って、β遮断薬の抗高血圧効果は遮断薬の減少(β1受容体)、レニン分泌(β1受容体)、及びノルエピネフリンの分泌(β2受容体)によるものである。

基本的なβ遮断薬であるプロプラノロールはβ1及びβ2受容体を共に遮断する。他の基本的なβ遮断薬(メトプロロール、アテノロールなど)は心臓選択性があり、小用量でβ2受容体と比較してβ1受容体に強い遮断効果があるが、用量が増加すると選択性は失われる。これに対してαβ遮断薬(ラベタロール、カルベジロールなど)は血管平滑筋のα1受容体を遮断し、酸化窒素の生体利用率を増大させて血管拡張を行う。

治療原則

標準のβ遮断薬は虚血性心臓疾患や心不全の一次治療薬として使用されるが、単純性高血圧の一次治療薬としては使用されない。β遮断薬は利尿剤サイアザイドを併用すると糖尿病を併発し、他の抗高血圧薬と比較して卒中予防効果が低い。

β遮断薬は抗高血圧効果が低いことに加え、中心動脈圧低下効果も他の抗高血圧薬より低い。β遮断薬には疲労、運動耐性の低下、うつ病の悪化の副作用がある。

 

αβ遮断薬

標準のβ遮断薬と比較して、αβ遮断薬は優れた抗高血圧効果と優れた代謝特性を有する。αβ遮断薬ラベタロールは稀に重度の肝毒性があるため、高血圧の緊急事態、術前血圧管理、及び難治性高血圧用に限定して使用されている。更に、β遮断薬は心臓ブロックを引き起こし、喘息の持病を悪化させる。