医学よもやま話

医学情報をご提供します。

カルシウム拮抗薬

advertisement

長時間作用型ジヒドロピリジン系が効果、忍容性、安全性が最も優れている。

****

 

f:id:tpspi:20170424183112g:plain

photo:  ジヒドロピリジン系アムロジン

 

作用機序

カルシウム拮抗薬は心筋細胞及び血管平滑筋細胞の電位開口型Ca2+チャネルを塞ぐため、不整脈、狭心症、及び高血圧に効果がある。

細胞質ゾルのCa2+信号の低下により心拍及び心室収縮性が低下して血管の平滑筋が弛緩する。

血圧降下は主に末梢動脈拡張が関係し、ジヒドロピリジン系、ジルチアゼム、及びベラパミルの順に効力が弱くなる。

陰性変時作用(心拍数を減らす作用)と陰性変力作用(心室の収縮能力を弱める作用)では、ベラパミル、ジルチアゼム、及びジヒドロピリジン系の順に効力が弱くなる。

治療原則

短時間作用型ジヒドロピリジン系薬剤は高血圧の治療には使用できない。反射性交感神経の作用により血圧が急激に低下するため、心筋虚血、梗塞、卒中、及び死をもたらす。

これに対して、長時間作用型ジヒドロピリジン系薬剤は安全性と有効性は多くの臨床試験で確認されている。

ほとんどの高血圧患者に対して、長時間作用型ジヒドロピリジン系薬剤は最も効果が高く、最大の忍容性があり、最も安全な抗高血圧薬であるが、服用においては注意が必要である。長時間作用型ジヒドロピリジン系薬剤は利尿剤と同程度に心筋梗塞及び卒中を予防するが、心不全のリスクを伴う。

腎不全及び蛋白尿症患者では、ジヒドロピリジン系薬剤による治療ではARB又はACE阻害薬による治療と比較して腎臓保護機能が弱い。しかし、腎臓病患者の多くは、血圧値を適切なレベルに維持させるためにはジヒドロピリジン系薬剤を含む複数のクラスの抗高血圧薬の併用が必要。

従って、ジヒドロピリジン系薬剤は蛋白尿症患者の高血圧の初期治療には使用できないが、利尿剤と併用したACE阻害薬又はARBの用量が最大になった場合は、補助療法として使用可能である。

ベラパミルは弱い抗高血圧薬で用量に応じて便秘が現れるため利用が限られる。ジルチアゼムの効力はベラパミルとジヒドロピリジン系薬剤の中間であるが、良好な忍容性がある。ベラパミル及びジルチアゼムは高齢者やジゴキシン服用者で心臓ブロック(心臓の刺激伝達システムに異常)を起こす恐れがある。