医学よもやま話

医学情報をご提供します。

喉の不快な症状の直し方(その1)

advertisement

喉の奥に付着した粘液の基本的な排出方法

****

f:id:tpspi:20170423154430g:plain

credit:  加湿器、e-goods

 

いつも咳払いをしている人を見かける。喉の奥に粘液がたまり、咳払いをしてもなかなか解消しない。ガムを噛んだり、アメをなめたり、トローチを試しても一時的で症状が治まらない。このような人は次の対応方法で症状が改善する。

 

基本

咳を我慢しないこと。咳は喉の奥に付着した異物を体外に排出するための反射運動である。塩を含んだぬるま湯でうがいをする。水分を十分に摂取する。加湿療法を行うか薬剤を服用する。自然療法を試みる。粘液を作り出す食べ物(乳製品)の摂取を控える。最後に、粘液を作り出している原因を突き止め、治療を行う。

 

喉の基本的なケア

  1. 喉に付着している痰や粘液を咳で排出する。人のいない所で咳払いや空咳をして粘液を緩める。咳払いは強く行ったり、何度もすると、喉に炎症が起こる。
  2. ぬるま湯に塩を入れて、うがいをする。220ccのぬるま湯に小さじ1杯分の塩を溶かす。この溶液を口に含み、頭を後に傾けて、喉の奥に溶液が来るようにして、うがいをする。
  3. 水分を多く摂取する。水分が喉の内側を通ることにより付着していた粘液がゆるくなる。粘液を排出しやすくする実証済みの方法:
  • 温かいレモンと蜂蜜入りの紅茶を飲む。この方法を基本にする。レモンの酸味は粘液を分解し、蜂蜜は喉に保護膜を作る。
  • 温かいスープを飲む。薄いチキンスープが望ましい。薄いチキンスープは粘液を分解する。
  • 冷たい水を飲む。喉の渇きに従って、満足するまで水分補給を行う。
  1. 加湿治療を行う。蒸気を鼻から喉に送り、喉に溜まっている粘液を緩める。次の緩和方法を試みる。
  • お湯から出ている蒸気を吸う。更に良い方法は、お茶の葉(カモミールが最適)を大きなポットのお湯に入れて、ポットからの蒸気を吸う。
  • ぬるま湯のシャワーを浴びる。
  • 加湿器を使う。加湿器で部屋を加湿する。加湿し過ぎに注意する。
  1. 粘液を抑える薬剤(去痰薬)を服用する。

 

参考資料 How to Clear the Throat of Mucus