医学よもやま話

医学情報をご提供します。

高血圧治療薬ACE阻害薬とARB

advertisement

ACE阻害薬とARBは他のクラスの高血圧薬と併用することにより高い効果が得られる。

****

f:id:tpspi:20170419161116g:plain

作用機序

高血圧治療薬アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬およびアンジオテンシン受容体遮断薬(ARB)はレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系に作用する薬剤である。アンジオテンシンIIとGタンパク質共役受容体(AT1受容体)は、相互作用により高血圧症のみならず臓器損傷を引き起こす。

 

ACE阻害薬

ACE阻害薬はアンジオテンシンIからアンジオテンシンIIへの変換を阻害し、血漿中のアンジオテンシンIIの濃度を急激に低下させる。しかし、治療を継続すると、血漿中のアンジオテンシンIIの濃度は元の値に戻ってしまう(ACEエスケープとよぶ)。ACE阻害薬はアンジオテンシンIIの他経路は遮断しないことによる。

ACE阻害薬は血管拡張作用のあるブラジキニンの代謝を遮断することにより抗高血圧機能を持続させる。この薬剤は腎輸出細動脈を拡大し、糸球体内の圧力を低下させることにより、慢性腎不全患者の腎機能の劣化を遅らせている。

ARB

ARBはAT1受容体のアンジオテンシンIIの相互作用を遮断することにより血圧を降下させる。この薬剤はブラジキニンを増加させないため、ACE阻害薬の副作用である咳や血管浮腫が生じない。

 

治療原則

副作用及び血管への影響の観点から、ACE阻害薬とARBは共に高血圧の一般治療薬としての評価が高い。しかし、これらの薬剤は単剤で使用した場合は利尿薬より効果が劣るが、他のクラスの高血圧薬と併用することにより高い効果が得られる。

ACE阻害薬又はARBは軽度又は中度の慢性腎臓病患者の高血圧治療薬と考えられている。これらの薬剤は高カリウム血症や急性腎不全を引き起こすことなく、腎臓の機能を保護してくれる。

ACE阻害薬又はARB服用患者は血症クレアチニンとカリウムを定期的に検査しなければならない。慢性腎疾患患者では、ACE阻害薬又はARBを服用することにより血漿クレアチニン濃度が僅かに上昇又は一時的に上昇するが、服用を中止する必要はないとされている。

ACE阻害薬及びARBは両側の腎臓に動脈狭窄または血液量減少症がある場合は、急性腎不全を引き起こす恐れがある。血液量減少症が治療できれば、低量での使用は可能である。

ACE阻害薬で最も一般的な副作用は空咳であるが、咳よりも咳払い(喉の不快感)や声のかすれに悩んでいる患者が多い。これらの症状は患者の3から39%で現れ、薬剤の服用を中止すると、数日で症状はなくなる、抗高血圧薬をARBに切り替えれば、症状は解消する。

ARBの高血圧の治療効果はカルシウム拮抗薬ジヒドロピリジンより低いが、ACE阻害薬よりも副作用が少ないために評価が高い。ARBは低量の利尿剤ヒドロクロロチアジド又はカルシウム拮抗薬ジヒドロピリジンと併用すれば高い効果が得られる。