医学よもやま話

医学情報をご提供します。

肺炎免疫検査

advertisement

適切な検査法によらないと、過小診断のおそれがある。

****

f:id:tpspi:20170411055228g:plain

photo:  免疫蛍光検査装置、ビオメリュー

 

臨床で患者が特定の病原体に感染しているとが強く疑われるときは、免疫検査法で病原体を特定する。免疫蛍光検査法、酵素免疫測定法、抗原検出法、ポリメラーゼ連鎖反応、及びDNAハイブリッド形成法などが使用可能。これらの免疫検査法はコミュニティ感染肺炎では通常使用しない。

 

レジオネラ肺炎が疑われるときは、レジオネラ尿路抗原検査および急性及び回復期の血清学的検査が役に立つ。レジオネラ尿路抗原検査はレジオネラ血清グループ以外の病原体感染が見逃される(過小診断される)恐れがある。

 

真菌血清法の利用により真菌症を検出できる。尿路抗原検査によりヒストプラズマ症を確認することができる。

 

免疫染色のための洗浄を伴う気管支鏡検査によりニューモシスチス肺炎を高感度で検出できる。