医学よもやま話

医学情報をご提供します。

高血圧症の病理 ― 一次性高血圧と二次性高血圧

advertisement

高血圧の原因はカロリー、塩分、それとアルコールの過剰摂取だけではない。

****

 

f:id:tpspi:20170409101330g:plain

一次性高血圧症

高血圧症患者の90から95%で単独の可逆的な原因が特定できないため、一次性高血圧症という言葉が使われている。

 

しかし、一次性高血圧症患者の大部分では特有の生活習慣が見られる。共通している点はカロリー、塩分、及びアルコールの過剰摂取により血圧が上昇している。

 

二次性高血圧症

残りの5から10%ではメカニズムが特定されている。この高血圧症を二次性高血圧症とよぶ。病理学的には、高血圧は血管拡張機能と腎臓のナトリウム排泄機能の喪失による。

 

高血圧症には神経、ホルモン、腎臓、及び血管が関与しており、神経とホルモンの作用により血管の機能(内皮依存性血管拡張)と構造(血管壁の変化)が損なわれ高血圧症が発症する。