読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

睡眠障害の症状と原因

advertisement

睡眠過剰症、不眠症、概日リズム睡眠障害、及び睡眠時異常行動。

****

f:id:tpspi:20170408103510g:plain

睡眠障害の症状は大きく4つに分類できる。睡眠過剰症、不眠症、概日リズム睡眠障害(生体時計障害)、及び睡眠時異常行動。

 

睡眠過剰症は望ましくない状況、例えば、人と話している途中や運転中に眠ってしまう病態。

 

眠気により注意力が失われ、作業現場や道路で悲惨な結果を引き起こす。

 

睡眠過剰症で最も多い原因は社会的又は経済的理由による故意の睡眠不足。

 

故意の睡眠不足によらない眠気は睡眠障害であり、閉塞性睡眠時無呼吸症又はナルコレプシー(睡眠発作)による場合が多い。

 

過剰睡眠(日中の過度の眠気)の原因

  • 睡眠不足
  • 閉塞性睡眠時無呼吸
  • ナルコレプシー
  • 概日リズム睡眠障害 ― 夜勤による睡眠障害、時差ぼけ、進行性又は遅延性睡眠フェーズ症候群
  • むずむず脚症候群
  • 薬剤の副作用
  • 主観的な眠気 ― 鬱病、慢性痛、不眠症