読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

外傷性脊髄損傷の臨床症状

整形外科

advertisement

脊髄の損傷は感覚や運動機能を損なう

****

f:id:tpspi:20170226073955g:plain


脊髄症候群

脊髄症候群としてブラウン・セカール症候群、脊髄中心症候群、及び前索症候群がある。

 

ブラウン・セカール症候群では、障害は脊髄の片側の病変に起因する。対側性の痛みと温度感覚と共に同側性の運動、触覚、固有受容性感覚、及び振動感覚が失われる。

 

脊髄中心症候群は上肢両側の運動機能が失われる(下肢の機能は残る)。近位の麻痺が遠位の麻痺より強くなる。痛みと温度感覚は低減するが、固有受容性感覚及び振動感覚は失われない。

 

前索症候群は前側及び片側脊髄柱に起因する障害である。病変より下の触覚、痛み、及び運動機能が失われるが、後側脊髄柱の固有受容性感覚及び振動感覚は失われない。

 

脊髄ショック

急性外傷性脊髄損傷により、患者には脊髄ショックが現れ、損傷位置より下で一時的に脊髄反射が失われる。臨床的には、深部腱反射(膝蓋腱反射, アキレス腱反射など)、球海綿体筋反射、及び肛門反射が失われる。高位頚椎損傷では、下半身反射(球海綿体筋反射及び肛門反射)は保持される可能性が高い。患者によっては損傷位置より上で反射が影響を受ける。自律神経反射が失われると神経性ショック、腸閉塞、及び尿閉が生じる。