読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

群発性頭痛及び三叉神経・自律神経性頭痛 - 診断、治療、予防、予後

脳神経疾患

advertisement

一次性頭痛は患者が生涯付き合う病気であるが、効果がある薬剤を調べて症状の緩和を図ることができる

****

f:id:tpspi:20170314073038g:plain

photo:  インドメタシン(頭痛薬)

 

 

 

診断

群発性頭痛では頭の片側で眼窩痛、上眼窩上痛、又はこめかみ痛が15から180分続き、同側で結膜充血又は流涙、鼻詰まり又は鼻水、眼瞼浮腫、額又は顔の発汗、眼瞼下垂症を伴う縮瞳又は縮瞳のみ、及び不安又は興奮のいずれか1つ以上の症状が現れる。発作は1日最大8回。症状の原因が他に見つからない。

 

発作性片側頭痛は2から30分続く。1日に約5回起こり、結膜充血、鼻詰まり、眼瞼浮腫、額及び顔の発汗、及び縮瞳又は眼瞼下垂症(又は両方)。薬剤(インドメタシン)で予防可能。

 

持続性片側頭痛は毎日起こり、寛解はない。痛みは中程度で増悪を伴う。増悪時には、同側性の自律神経症状が1つ以上現れる。結膜充血、流涙、鼻詰まり、縮瞳、又は眼瞼下垂症。

 

短時間持続性片側神経痛様頭痛は眼窩、上眼窩、又はこめかみで刺すような痛みが5から240秒続く。1日に3から200回起こる。自律神経症状として結膜充血及び流涙が現れる。

 

群発性頭痛及び三叉神経・自律神経性頭痛患者に対してMRIのような画像検査により感染、血管奇形、又は癌(下垂体腫瘍など)を除外する。頭痛のこの他の原因として片頭痛、睡眠性頭痛(老人において睡眠時に現れる短時間の頭痛)、及び三叉神経痛がある。

治療

頭痛は短時間で治まるのに対して、経口薬は効果が出るまでに時間がかかる。患者によっては、酸素吸引で効果が現れる(100%の酸素を1分間7から10リットルの速度で15から30分間吸入)。スプレー式点鼻薬(スマトリプタン又はゾルミトリプタン)又は皮下注射薬(スマトリプタン)の投与も治療に有効である。

 

頭痛が難治性の場合は後頭部神経刺激も効果がある。短時間持続性片側神経痛様頭痛の発作の場合は短時間で治まるので薬剤による効果はない。

 

予防

予防薬は群発性頭痛発作時に服用を開始する。リチウムやコルチコステロイドは群発性頭痛の予防に有効。頭痛が生活に支障をきたす場合は、後頭部神経刺激、視床下部刺激、神経切除も患者により効果がある。

 

発作性片側頭痛や持続性片側頭痛でも薬剤(インドメタシン)で予防ができる。薬剤耐性が現れた場合は、カルシウムイオン阻害剤を使用。短時間持続性片側神経痛様頭痛も薬剤で予防可能。

 

予後

群発性頭痛は患者が一生付き合わなければならない病気であるが、高齢になると長期間の寛解が現れる。三叉神経・自律神経性頭痛も患者が一生関わることになるが、予防薬を適切に使用すれば症状に対処可能である。