医学よもやま話

医学情報をご提供します。

頭痛の治療、予防、予後

advertisement

頭痛は薬剤で治療、予防ができるが、慢性化するリスクが高い

****

 

f:id:tpspi:20170208065556g:plain

治療

急性の頭痛は種類と強さにより治療方法が異なる。軽度の頭痛では、鎮痛薬(アセトアミノフェン、アスピリン、又は非ステロイド性抗炎症薬)を服用で十分改善する。

中程度から重度の片頭痛では専用の薬剤(トリプタン、エルゴタミン、又はイソメトヘプテン)を服用する。

 

予防

頭痛が頻繁に起こる場合や日常生活に支障があるときは予防薬を服用する。予防薬は頭痛の種類、副作用、及び患者の共存症により異なる。

                                                                     

薬剤

適応

副作用

禁忌

βブロッカー

片頭痛

無気力、鬱病

喘息、低血圧症

カルシウムチャネル阻害薬

群発性頭痛

低血圧

非ステロイド性抗炎症薬

片頭痛、緊張型頭痛

胃腸障害

潰瘍、過敏症、アレルギー

三環系抗鬱薬

片頭痛、緊張型頭痛

口腔乾燥症、起立性低血圧

潰瘍

抗痙攣薬

片頭痛、群発性頭痛

体重減少、腎結石、眼内高血圧(トピラメート);体重増加(バルプロエート)

過敏症(トピラメート);妊娠(バルプロエート)

 

予後

頭痛の予後は種類、共存症、治療の効果により異なる。慢性頭痛のリスク要因として女性、片頭痛、頻発頭痛、肥満、薬剤の多用、ストレス、及び不眠症があげられる。