医学よもやま話

医学情報をご提供します。

乳房近接照射療法 ― 乳房部分照射療法

advertisement

放射線治療が短時間で終わり、副作用も少ない

****

f:id:tpspi:20170221142316g:plain

 

credit:  マンモサイト、MammoSite

 

乳腺腫瘍摘出後の放射線療法

乳腺腫瘍摘出術の後に通常、放射線療法が行われる。手術で除去できなかった癌細胞を放射線で死滅させ、乳癌再発を防止する。

 

乳腺近接照射療法

乳房近接照射療法は最新の放射線療法で、従来の乳房全体に放射線を照射する方法と異なる。近接照射療法では従来の放射線療法より高線量の放射線を乳房の狭い領域に照射する。

乳腺腫瘍摘出術後に乳房近接照射療法を行った場合の患者の生存率と乳癌再発率は従来の乳房全体に放射線を照射する従来の放射線療法と同程度であることが多くの研究で報告されている。

 

従来の放射線療法の問題点

従来の放射線療法では外部から乳房全体又は癌を切除した部位に放射線を照射していた。治療には長期に日数が必要であった。患者は、治療のため1週間に5日通院し、これを4から6週間継続。さらに従来の放射線療法では乳房全体に放射線を照射するため、他の臓器(心臓、肺など)にも放射線が照射され、これらの臓器に有害であった。

乳房近接照射療法

乳房近接照射療法では従来の放射線療法の欠点を解消するために、放射線源を乳房内に埋め込むものである。乳房近接照射療法として現在2種類の療法が採用されている。

  • マルチ・カテーテル内部照射(組織内ニードル・カテーテル近接照射療法)― この放射線療法では放射性物質(シード)の放射線を直接癌を切除した部位に照射させる。放射性物質はカテーテルに収容され、皮下に埋め込まれる。治療はこのカテーテルを皮下に埋め込んだ状態で数時間又は数日間行われる。治療期間中、患者は入院の必要がある。治療期間後は、皮下に埋め込んだカテーテルが取り外される。
  • バルーン内部照射(マンモサイト)― この放射線療法は、バルーンの付いたカテーテルを癌を切除した乳房のスペースに入れて行う。カテーテルは皮膚に開けた切口から露出させる。治療時には、放射性物質がバルーンの中央に5から10分間入れられ、放射線が患部に照射される。治療は5日間で10回行われる。治療終了後バルーンとカテーテルが皮膚から抜き取られる。