読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

乳癌におけるセンチネルリンパ節生検

癌治療 外科

advertisement

腋窩リンパ節の全摘はリンパ浮腫などの悪影響がある

****

f:id:tpspi:20170220170151g:plain

センチネルリンパ節

センチネルリンパ節の仮説によれば、腫瘍細胞は原発腫瘍から拡散した腫瘍細胞は1個又は数個のリンパ節に転移する。青色の染料又は放射線トレーサ又は両方を腫瘍の周囲の皮膚と乳房組織又は乳輪下に注入することにより1つ以上のセンチネルリンパ節を特定することができる。センチネルリンパ節の状態により残りのリンパ節の状態を正確に知ることができる。

 

センチネルリンパ節生検

センチネルリンパ節生検により患者の乳癌のステージや腋窩リンパ節全摘の必要性を判定可能。生検の結果が陰性であるときは患者の腋窩リンパ節には癌の転移はないため、全摘によるリスクを避けることができる。

センチネルリンパ節生検の手順

センチネルリンパ節の位置を突き止めるために、放射性トレーサー、青色の染料、又は両方を腫瘍部位の近くに注入する。放射線検出器によりセンチネルリンパ節が検出される。又は、青色に着色されたリンパ節を見つけ出す。センチネルリンパ節が見つかったら、皮膚を切開してリンパ節を取り出す。

その後、センチネルリンパ節に癌細胞が無いか調べる。癌細胞が見つかった場合は、腋窩リンパ節を全摘する。センチネルリンパ節生検は外来でも可能。

センチネルリンパ節生検は通常、乳癌切除と同時に行われが、乳癌切除の前後に行われることもある。

 

センチネルリンパ節生検の利点

センチネルリンパ節生検により乳癌のステージを調べたり、癌細胞が体の他の臓器に転移する能力があるかが判定できる。センチネルリンパ節生検により更に患者の腋窩リンパ節の全摘が防止できる。

 

腋窩リンパ節全摘の悪影響

腋窩リンパ節を全摘した場合は、患者に悪影響が現れる。腋窩リンパ節を一部残せば、悪影響が出ないか、軽減される。腋窩リンパ節を全摘した場合次の悪影響が考えられる。

  • リンパ浮腫(組織の腫れ)― 腋窩リンパ節を全摘した場合、リンパ節をつなぐリンパ管が切断されるため、リンパ液の流れが妨げられ、留まってしまう。腫れにより、患部に痛みや、不快な症状が出る。患部の皮膚が厚く固くなる。腫れにより、腕の動きが悪くなる。患部に感染のリスクが高くなる。まれに、慢性リンパ浮腫によりリンパ管肉腫を発症することもある。
  • 漿液腫 ― 患部の組織に漿液が腫瘤状に蓄積する。
  • しびれ、刺痛感。