読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

浸潤性乳癌の手術

外科 癌治療

advertisement

医学の進歩により、早期の乳癌では乳房を温存でき、ほとんどの腋窩リンパ節を残すことができ、リンパ浮腫を免れることが出来る。

 

f:id:tpspi:20170220131605g:plain

根治乳房切除術と非定型根治的乳房切除術

根治的乳房切除術(乳房組織、腋窩リンパ節、及び胸筋の切除)は長年に渡り乳癌治療の主流であったが、近年では少なくなっている。多くの臨床研究から乳腺腫瘍摘出術と放射線療法による乳房温存療法でも患者のステージがI又はIIの場合は非定型根治的乳房切除術(乳房組織と腋窩リンパ節切除)と同等の生存率が得られることが判明している。

乳房温存療法の禁忌として複数の乳房腫瘍、放射線治療歴、妊娠、美容上の問題、及び患者の強い希望があげられる。

乳房切除術を受けた患者は手術の前後で自己の組織又はインプラントを使用した乳房再建術についての説明を受ける必要がある。

 

センチネルリンパ節生検

微小転移の可能性は乳癌が転移している腋窩リンパ節の数から判断できる。

乳癌の癌細胞がリンパ管を経て最初に到達するリンパ節がセンチネルリンパ節である。このリンパ節に癌細胞の有無を調べる検査法をセンチネルリンパ節生検呼ぶ。

乳房腫瘍の周囲に放射性トレーサ又は青色の染料又は両方を注入する。注入されたトレーサなどが直ちにセンチネルリンパ節に到達する。センチネルリンパ節を切除して癌細胞の有無が調べられる。センチネルリンパ節に癌細胞がなければ、残りの腋窩リンパ節は切除されない。腋窩リンパ節を温存することにより、術後のリンパ浮腫が防げる。

患者の腋窩リンパ節が触診できセンチネルリンパ節から癌細胞が検出された場合は腋窩リンパ節全摘が必要になる。乳房腫瘍が小さく腋窩リンパ節に癌細胞が検出されない場合は、センチネルリンパ節以外の腋窩リンパ節を温存しても全摘しても予後が同じであることが様々な臨床研究から判明している。