読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

経皮冠動脈形成術と冠動脈バイパス手術の比較

advertisement

冠動脈形成術は安易に行えるが、冠動脈狭窄の再発リスクが高い

****

 

f:id:tpspi:20161231092126g:plain

経皮冠動脈形成術又は冠動脈バイパス移植手術の選択は患者の病状と心臓及び冠動脈の状態により行われるが様々な問題がある。

 

経皮冠動脈形成術が行われる場合

患者に急性の冠動脈症候群が現れた場合は、初期治療法として経皮冠動脈形成術が望ましい。

ST上昇型心筋梗塞患者には経皮冠動脈形成手術が行われ、生存率が上昇している。

 

冠動脈バイパス移植手術が行われる場合

緊急経皮冠動脈形成術が成功しない場合や心筋虚血が解消しない場合に冠動脈バイパス移植手術が行われる。

 

経皮冠動脈形成術と冠動脈バイパス移植手術の選択

慢性冠動脈症候群患者では、経皮冠動脈形成術により生存率が上昇することを示すデータは存在しない。しかし、冠動脈バイパス移植手術により重度の冠動脈閉塞患者の余命が伸ばせることが知られている。特に、左心室不全や重度の虚血のある患者には効果がある。従って、これらの患者に対しては最初から冠動脈バイパス移植手術が行われる。

血管の再形成を行った場合の効果が不明な患者では、患者の病態により経皮冠動脈形成術又は冠動脈バイパス移植手術が選択される。

——

治療効果

血管形成後1年間経過した患者では、経皮冠動脈形成術による再発リスクは冠動脈バイパス移植手術より高い。いずれの治療法でも死亡率と心筋梗塞の発症率は同程度である。広範性又はびまん性冠動脈狭窄では冠動脈バイパス移植手術のほうが治療効果が高く、冠動脈の狭窄範囲が狭い場合(例えば、左冠動脈の狭窄)ではどちらの治療法でも治療効果は同等である。

経皮冠動脈形成術を受けた患者は狭窄再発のリスクが高い。糖尿病患者で複数の冠動脈に狭窄がある場合は、冠動脈バイパス移植手術の治療効果は経皮冠動脈形成術より高いことが臨床研究から判明している。

 

参考資料: “Percutaneous coronary intervention versus coronary-artery bypass grafting for severe coronary artery disease” by Serruys PW, Morice MC, Kappetein AP, et al., N Engl J Med. 2009;360