読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

経皮的冠動脈形成術 ― 冠動脈閉塞根治術

循環器科

advertisement

冠動脈閉塞の標準の治療法

****

f:id:tpspi:20170213134113g:plain

credit:  冠動脈とステント、Sutter Health

 

世界中の医療機関で採用

経皮的冠動脈形成術は短時間で治療が終了し、局部麻酔の使用と短い入院日数(1日)により患者の負担が少ない。世界の多くの医療機関で採用され、毎年200万人の患者がこの治療を受けている。

 

治療方法

治療を受ける前に、患者は局部麻酔を受ける。細い中空のパイプが末梢動脈(大腿動脈又は橈骨動脈)から経皮的に挿入される。ガイドワイヤーがパイプから挿入され大動脈に進められる。その後、ガイドワイヤーを残して、細いパイプが抜き取られる。X線透視装置を使用して、ガイドワイヤーを介してガイド・カテーテルが冠動脈病変部まで進められる。造影剤の使用により、冠動脈の病変がX線透視装置で確認される。ガイドワイヤーを介してバルーン、ステント、及びアテローム切除カテーテルなどの部材が冠動脈病変部に送られる。

 

バルーンカテーテル

バルーン・カテーテルはガイドワイヤーとX線透視用造影剤用を病変部まで送り、遠位端でバルーンを膨らませる。バルーンカテーテルには2つの放射線不透過性マーカが付けてあり、バルーンの位置決めに使用される。X線透視装置を使用して、バルーンが病変部中央に配置され、膨張させる。

バルーンを膨張させることにより血管が広がり、ほとんどの場合プラークが破れ、閉塞は解消する(治療的切開)。

アテローム切除カテーテル

アテローム切除カテーテルが病変部まで送られプラークの切除、吸引が行われる。

 

ステント

ステントは血管を支える金属製の部材でバルーンカテーテルに取り付けられている。バルーン膨張時に、ステントが広がり血管を支える。バルーンとアテローム切除部材は病変部を広げるのに対して、ステントは支持構造により血管を元の大きさに広げることができる。

ステントにより、血管組織が血管壁に固定されるため、血管壁の緩みがなくなる。ステントの金属製の補強部材は表面積の約20%に制限され内皮化の促進(約2週間)と血栓の形成を防止する。ステントにより血管の内腔を大きく、強固にすることが出来る。再狭窄防止タイプや、薬剤溶出タイプのステントの使用も可能である。

 

治療後の処置

冠動脈病変部の閉塞が解消された後、すべてのカテーテルを取り出し、動脈挿入部を圧迫、コラーゲン製のプラグ、又は縫合により塞ぐ。患者に異常がなければ3から6時間で歩行が可能。カテーテル挿入動脈、心臓バイオマーカ、及び心電図検査に異常がなければ、患者は翌朝退院となる。患者によっては入院せずに治療後6から12時間で帰宅可能。