医学よもやま話

医学情報をご提供します。

自然に触れれば思い悩むことが無くなる

advertisement

病的反芻と前頭前野皮質の関係

****

f:id:tpspi:20170211163259g:plain

緑地を散歩すると心が和む。脳の働きが変化して、心の健康が向上する。

都会に生活していると、自然に触れる時間は非常に少なくなっている。

都会生活者は地方生活者と比較すると心配症、鬱病、その他の精神疾患に侵されるリスクが高くなることが多くの研究から明らかになっている。

 

環境とストレス

緑地に出かけることが少ない都会生活者は公園の近くで住んでいる人より多く精神障害にかかっている。都会生活者でも積極的に自然環境に触れている人は屋外に出ない人よりストレスホルモンのレベルが低いことがわかっている。

しかし、公園や緑地に行くと、気分がどのように変化するかについては解明されていない。

 

スタンフォード大学での研究

スタンフォード大学のグレゴリー・ブラットマン氏の研究チームは都会生活における心理的影響を研究。初期の研究では、緑豊かな所を短時間歩いても、通行量の多い地域を歩くより集中力が増し、幸福な気分になれることを解明。

人が自然に触れることにより神経がどのように作用するかについての解明が待たれていた。

病的反芻

多くの人は物事を悪く捉え、思い悩むことが多い。専門家はこの病状を病的反芻と呼んでいる。壊れたレコードのように同じ事に思い悩むことは不健康で何ら生産性が無い。これは鬱病の前兆であり、都市生活者に多く見られる病状である。

 

新たな発見

同研究チームによる新しい研究成果が、米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences)に掲載された。

研究チームは病的反芻は前頭前野皮質として知られている脳の領域の活動に強く関係していることに注目。

人が自然に触れる前後で脳の前頭前野皮質の活動を調べ、自然が人の心に影響していることを解明した。

研究チームは健康な都会生活者をボランティアで集め、彼らの病的反芻レベルを調査。

脳の前頭前野皮質の活動の調査から、この領域に多くの血流があり、活性化が認められた。

次に、ボランティアの半数には90分間緑地の散歩を、残りのボランティアには交通量の多い通りの散歩が課された。

散歩終了後、直ちに、精神状態の質問と脳のスキャンが行われた。

 

実験結果

混雑した通りを散歩したボランティアでは、心が和まず、前頭前野皮質への血流は増加したままで、精神状態に変化は現れなかった。

静かな緑地を散歩したボランティアでは、脳の前頭前野皮質への血流が減少し、活動が低下し、精神状態が改善した。

実験結果から、都会生活者が気分を変えるために容易で即効性のある方法は自然に触れることであることがわかった。

 

思い悩んだら、近くの公園を散歩すれば、前頭前野皮質の活動が停止し、気分が良くなる。

 

参考資料:”How Walking in Nature Changes the Brain” by Gretchen Reynolds, New York Times 2015-7-22