医学よもやま話

医学情報をご提供します。

医療機関で受ける心臓病の検査

advertisement

様々な検査方法により心臓の状態が非侵襲で調べることができる。

****

f:id:tpspi:20170210152224g:plain

credit:  オムロンポータブル心電計

 

心電図及び胸部放射線検査

心臓病が疑われる患者は必ず心電図と胸部放射線検査を受ける。心電図検査は脈拍数、律動、伝導異常、及び心筋虚血の特定に役立つ。胸部放射線検査は心肥大、肺血管系、及び大動脈の状態を知ることができる。

 

血液検査

血液検査では疑わしい症状に対応する項目を限定して検査を行う。標準的には、血球数、甲状腺ホルモン、及び脂質レベルを検査。

 

超音波検査

超音波検査により、狭窄症や逆流性疾患の定量化が可能。ポータブル超音波検査装置の利用により左心室の機能、心肥大、及び心膜滲出の診断ができる。経食道超音波検査により大動脈解離や心房室における血栓の特定が可能。放射性核種検査により左心室の機能の測定及び心筋虚血が判定できる。

CT

CTにより冠動脈石灰化による冠動脈疾患のリスクが判定できる。患者に急性の胸痛がある場合、心筋疾患の診断には有効であるが、重症度の判定はできない。

 

ストレス検査

ストレス検査は運動を行うか薬剤を使用する。心電図で異常が検出された心筋虚血、放射線核種検査における灌流異常、又は心臓超音波検査における一過性心臓壁機能異常を誘発させる。ストレス検査は心筋虚血の診断や虚血性心臓疾患の予後判定に重要。

 

カテーテル検査

カテーテル検査により狭窄心臓弁の位置、心臓内シャントの重症度、及び心臓内圧力の計測が可能。冠動脈血管造影検査により冠動脈疾患の確定診断が行え、経皮的冠動脈形成術又は冠動脈バイパス移植手術による冠動脈再建術の必要性が判定できる。

 

携帯型連続心電図

携帯型連続心電図は不整脈の診断で使用。長期のモニターが可能。