読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

胸の痛み

健康食品 外科

advertisement

軽度の筋骨格系疾患から致死率の高い大動脈解離まで

****

f:id:tpspi:20170202161518g:plain

胸の不快な症状や痛みは冠動脈疾患や心筋酸素消費量と供給量の不均衡による心筋虚血の重大な徴候である。胸が急に痛くなり、症状が持続する場合は急性心筋梗塞、不安定狭心症、又は大動脈剥離が疑われる。肺の疾患としては急性肺塞栓症や胸膜刺激。胸壁、胸郭、又は肩の筋骨格系疾患。胃腸疾患としては逆流性胃炎、消化性潰瘍、又は胆嚢炎が疑われる。

 

心筋梗塞

心筋梗塞にかかると、胸に不快な症状現れ、少なくとも数分間続く。胸の症状としては軽度の不快な症状から強い痛みまである。不快な症状が首、肩、又は腕に広がる。急性心筋梗塞の診断は病歴、病理検査の結果、及び心電図の結果を総合的に判断される。

 

狭心症と心筋梗塞の区別

不安定狭心症で現れる胸の不快な症状は臨床的には心筋梗塞で現れる症状と区別がつきにくい。狭心症の場合は労作により明確に症状が悪化し、薬剤で症状が改善する。

 

大動脈解離

大動脈解離は胸に強い痛みが現れ、背中に広がってゆく。痛みの位置から疾患部位が推測可能。上行大動脈解離は胸の不快な症状から始まり、背中に痛みが広がる。下行大動脈解離では背中の痛みが腹部に広がる。背中の痛みや高血圧の既往症がある場合は末梢脈拍により大動脈への影響を検査する。更に大動脈の大きさを胸部放射線検査で調べる。大動脈解離が疑われる場合は経食道心エコー検査、CT、又はMRIで確定診断を行う。

心膜炎と心筋梗塞の区別

心膜炎による痛みは急性心筋梗塞によるものであると間違われやすい。心膜炎の場合は心膜摩擦音が聞こえる。

 

肺塞栓症

肺塞栓症では胸膜に痛みがあらわれ、呼吸困難に陥る。喀血を伴う場合もある。

 

肺高血圧症

肺高血圧症では労作で胸に不快な症状が現れる。肺塞栓症では重度な呼吸困難と、チアノーゼが現れる。

 

狭心症

胸の不快な症状は狭心症、心臓疾患又は非心臓疾患の場合がある。ストレス検査により可逆性心筋虚血症状を誘発させ、虚血症状が胸の不快な症状の原因であるかを突き止める。