医学よもやま話

医学情報をご提供します。

腸捻転

advertisement

最大のリスクは加齢

****

f:id:tpspi:20170129120130g:plain

 

腸捻転の多くは(90%以上)S状結腸で起こるが、盲腸や横行結腸でも現れる。加齢が最大の発症リスク。腸捻転が腸間膜で起こると、腸閉塞を併発する。腸捻転患者の多くは慢性便秘、下剤の使用、大腸拡張歴がある。精神疾患や介護施設入所は腸捻転発症のリスクがある。

 

症状

腸捻転の症状として腹部膨満感、吐き気、嘔吐があり、患者の3分の1は初期症状として腹痛を訴える。痛みが激しくなる場合は大腸虚血や穿孔の発症が疑われる。腸閉塞と膨満を繰り返す場合は慢性腸捻転が疑われる。

 

診断

腸捻転はX線、CT、超音波検査で調べられる。腸捻転があると大腸の拡張が認められる。盲腸捻転では盲腸が拡張しており上腹部又は腹部左上に位置する。水溶性の造影浣腸により大腸の閉塞部位を見つけることが出来る。

 

治療

患者に腸捻転の疑いがあり、腹膜刺激症状があるとき、又は腹部X線検査で完全腸閉塞が認められるときは緊急試験開腹術を行う。完全腸閉塞又は切迫虚血がなく、S状結腸捻転が疑われるときは、S状結腸鏡により閉塞部を見つけ出し、結腸減圧を行う。盲腸捻転患者では緊急外科切除を行う。また、内視鏡による治療が出来ないときや、治療が成功しないときは再発防止のため、外科切除を行う。