読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

骨折の治療

整形外科

advertisement

不完全な治療を行うと、患者は日常生活に支障をきたすことになる。

****

f:id:tpspi:20170106145747g:plain

 

credit:  松葉杖、atom介護用品販売

 

骨折の治療

骨折した場合は骨を元の位置に正しく戻す必要がある。骨折の治療法は骨折の程度と部位により異なる。骨折の部位によってはギブスの固定で治癒する場合もあるが、より侵襲的な骨折修復外科手術が必要な場合もある。

 

骨折修復は骨を元の位置に戻すためにネジ、ピン、などの接続材料を使用して、折れた骨を固定する外科手術である。

 

固定法と外科手術

軽度な骨折はギブスや副子による固定で治療を行う場合もあるが、骨が皮膚に付着(複合骨折)した場合や、肘やくるぶしなどの関節の骨折では、骨折修復外科手術を行う。関節周囲の骨が正しく治癒しないと、患者は腕や足が不自由になり日常生活に支障をきたす。

 

検査

患者の骨折箇所を調べるためにX線、CT、又はMRIの画像検査を行う。

 

骨折修復における合併症

骨折修復外科手術による合併症として麻酔薬に対するアレルギー反応、出血、血栓、感染があるが、リスクは低い。

 

合併症のリスクを避けるために、持病や服用薬を医師に伝えておく必要がある。

 

骨折修復外科手術

骨折修復外科手術は数時間必要である。手術中は全身麻酔を受けて睡眠状態になるか、局部麻酔により骨折箇所のみを麻痺させる。

 

外科医はは骨折箇所の皮膚と筋肉を切開し、骨折箇所を露出させる。

 

折れた骨を元の位置に戻し、ネジ、ピン、などの接続材料で一時的又は恒久的に固定する。

 

骨が砕けている場合は、骨移植を行う場合がある。骨移植は体内の他の部位の骨を使用するか、ドナーから提供された骨を使用する。

 

手術時に、血管の損傷も修復する。

 

骨が正しく接合できると、切開部を縫合又はステープルで閉じ、包帯を巻く。手術後、患部は通常ギブスで固定される。