医学よもやま話

医学情報をご提供します。

吐血と喀血の違い

advertisement

吐血は胃からの血液でどす黒く、喀血は肺からの血液で鮮やかな赤色である。

****

 

f:id:tpspi:20170105102136g:plain

credit:  体の教科書

 

吐血

吐血は血液を胃から吐くことである。嘔吐物の色は吐血時の胃の内容物の量と性質及び血液が胃に存在する時間により異なる。胃酸は血液の色を鮮やかな赤から茶色に変化させ、嘔吐物はどす黒くコーヒーの出し殻のような色になる。嘔吐物が鮮やかな赤色の場合は出血は新しく、胃酸に触れた時間が短いことを示している。吐血の最も一般的な原因は胃潰瘍、胃炎、食道静脈瘤又は食道の病変、又は胃癌である。良性腫瘍、外傷による術後の出血、及び鼻、口、及び喉からの出血を飲み込んだ場合も吐血が起こることがある。

 

出血の程度と原因は内視鏡で検査可能である。胃に残っている血液は経鼻吸引で除去される。治療法としては輸血、輸液、及び胃洗浄がある。手術が必要な場合もある。患者は通常不安を感じるので安心させることが重要である。

喀血

喀血とは呼吸器官からの出血による血液を咳とともに吐き出すことである。喀血の場合は、痰が鮮明な赤色で泡立つ。喀血は吐血と誤認してはならない。

 

薬剤の進歩により結核患者による喀血は減少しているが、喀血の主要な原因は依然として結核である。喀血のこの他の原因としては気管支炎、気管支拡張症、肺膿瘍、及び悪性腫瘍が考えられる。急性肺炎の場合は、痰は鮮やかな赤色であるが、痰に古い血液が混じっていると、どす黒く見える。鬱血性心不全や肺梗塞のような血管疾患も喀血の原因となる。

 

治療法として咳又は吸引により気道から血液を除去する。喀血が続く場合は、気管支挿管、気管支塞栓術、又は手術が必要である。