読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

CTとMRIの違い

advertisement

CT(computed tomography)はコンピュータ断層撮影であり、MRI(magnetic resonance imaging)磁気共鳴画像撮影である。

****

CTは骨の損傷を検査、肺や胸の疾患、及び癌の発見に最適である。MRIは靭帯や腱の損傷、脊髄損傷、脳腫瘍の検査等に適している。CTは5分で検査できるので救急医療で多用されている。これに対してMRIは検査に30分以上必要である。

 

MRIの検査費用はCTより高額である。MRIの利点はCTと異なり放射線を使わないことである。放射線の被爆は人体に有害である。

 

f:id:tpspi:20170103145742g:plain

Credit:  Computed Tomography, Siemens

 

近年医療現場で行われている検査精度はX線を遥かに超えている。X線検査以外で最も一般的に使用される検査としてCTとMRIがある。これらはX線より詳細な映像を映し出すことが出来る。

 

これら2つの検査方法ではいずれも体の断面を撮影するが、撮影方法が異なる。CTでは異なる角度から患部をX線で撮影し、断面映像を作り出す。MRIは磁場と高周波を使用する。撮影方法が異なるため、診断予測に基づいて使い分けられる。

 

CT

放射線 ― CTでは放射線を使用するため、微量ではあるが放射線被曝がある。妊婦では有害である。

 

適応 ― 骨の検査に優れており、造影剤を使用した場合は軟組織の検査に最適である。

 

費用 ― MRIより低額。

 

時間 ― 短時間で検査ができる。検査部位により異なるが約5分で終了する。

 

快適性 ― 装置は開放しているため、閉所恐怖の問題は生じない。

 

合併症 ― 造影剤によるアレルギー反応は稀であるが、患者に腎臓疾患がある場合、糖尿病の場合、または脱水症状の場合は腎臓に有害。

 

MRI

放射線 ― 使用しない。

 

適応 ― 軟組織の微細な変化を検出可能。

 

費用 ― CTより高額。

 

時間 ― 検査部位により異なるが30分から2時間の検査時間が必要。

 

快適性 ― 閉所恐怖症患者には使用できない。

 

合併症 ― 造影剤のアレルギー反応はまれ(CTと同じ)。ペースメーカー、補綴材、タトゥー等、体内に金属が埋め込まれている場合は磁気による影響を受け、検査が出来ない。

 

CTとMRIの適応

腹痛 ― CTの使用が望ましい。緊急の場合はただちに検査できる。精度は非常に高い。小児や妊婦では超音波が使用される。

 

外傷 ― 骨折、血管、お帯臓器の損傷にはCTが使用される。

 

脊椎 ― 脊髄や神経の撮影にはMRIが最適である。

 

脳 ― 外傷や脳卒中など緊急性が高い場合はCTが使用される。MRIは詳細な映像を作り出すため、癌の検出、認知症又は神経疾患の原因究明、又は骨の異常を調べるときに最適である。 

 

胸 ― 肺の組織の検査にCTが最適である。X線検査で異常を検出した場合、CTで精密検査を行う。低線量CTはリスクの高い喫煙者の定期検査で使用可能である。

 

関節 ― 腱や靭帯の検査にはMRIが最適である。

 

 

参考文献:Medical Imaging