読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

前立腺肥大と前立腺癌の違い

泌尿器科 癌治療

advertisement

前立腺肥大と前立腺癌の症状は似ており、区別は難しい。

**** 

良性前立腺肥大は前立腺癌に進行することはない。

 

f:id:tpspi:20170101153317g:plain

 

 

直腸触診

前立腺に異常がないか直腸内壁を介して人差し指で医師による触診が行われる。前立腺が肥大している場合は、触診で検出できる。良性前立腺肥大では前立腺は滑らかで引き締まった感触がするが、前立腺癌では前立腺は硬く、デコボコである。触診には痛みはないが、少し不快に感じることがある。

 

前立腺特異抗原(PSA)の検査

PASは前立腺から分泌されるタンパク質で、血液中に存在し、年齢に応じて値が増加し、良性前立腺肥大及び前立腺癌では顕著に上昇する。良性前立腺肥大では前立腺癌より値の上昇は少ない。

 

経直腸超音波検査

経直腸超音波検査では、プローブを直腸に入れ超音波で前立腺の大きさを測り、腫瘍かどうかを調べる。癌が前立腺からはみ出していない限り、この検査方法では良性前立腺肥大と前立腺癌を区別することは出来ない。

 

経尿道前立腺切除法(TURP

経尿道前立腺切除法は良性前立腺肥大患者に対して尿道から電気メスの付いた内視鏡を入れて尿道を閉塞している組織の部分切除を行う。切除した前立腺のサンプルを病理検査して癌化していないか検査を行う。