読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

尿管と尿道の違い

泌尿器科

advertisement

尿管は腎臓で作られた尿を膀胱に送り、尿道は膀胱の尿を体外に排泄する。

 ****

 

f:id:tpspi:20161228153215g:plain

Credit:  Manneken Pis

 

尿管

尿管は2本の線維筋性チューブで、日本人では長さが25から30cmで、直径が5cmである。尿管を通って、それぞれの腎臓から膀胱へ尿が流れる。

 

腎臓で作られた尿は尿管に流れ、尿管がリズミカルに収縮して、尿を膀胱へ押し出す。尿が膀胱に満杯になると、尿道から体外に排出される。腎臓で微細な石が作られ尿管に送られと、尿管閉塞が起こることがある。

尿道

尿道はチューブ状の通路で、膀胱からの尿が体外に排泄される。尿道の外部開口を尿道口と呼ぶ。男性では、尿道は尿と生殖器からの分泌物を排出する。

 

女性では、尿道は尿のみを排出する。日本人女性の尿道の長さは3から4cmであり、尿道の開口部はクリトリスと膣開口部の間に位置している。尿道の短さから女性の尿漏れ問題が起きている。

 

日本人男性の尿道の長さは16から18cmであるが、直径は女性よりも狭くなっている。男性の尿道は前立腺部、膜質部、及び陰茎部3つの部位から構成されている。男性の尿道は前立腺を介して膀胱と尿道口をつないでいる。前立腺は尿道に前立腺液を分泌する。

 

男性の尿道には更に尿道球腺があり、性的興奮時には尿道の膜質部にカウパー氏腺液を分泌する。

 

その後、尿道は陰茎の本体を介して尿道口につながる。尿道全体に粘液腺が分布し、内壁に湿り気を与えている。