医学よもやま話

医学情報をご提供します。

膵臓癌の鑑別診断と画像検査

advertisement

CTスキャンにより血管浸潤や転移を検出することが出来る。

****

膵管癌は急性又は慢性の膵臓炎と鑑別診断を行う必要がある。患者が膨大部癌及び遠位胆管癌を発症しても胆道閉塞及び黄疸が現れる。

 

画像診断では嚢胞性膵臓腫瘍と非癌化膵臓偽嚢胞の区別が困難である。急性又は慢性の膵臓炎の病歴がなく、嚢胞性病変がある場合は、嚢胞性腫瘍に罹患している可能性がある。

 

 

f:id:tpspi:20161225105212g:plain

credit:  Pancreatic cancer, onhelth.com

画像検査

膵臓腫瘍が疑われるすべての患者に対しては、放射線を使用して膵臓を輪切りにした画像を撮影しこれをコンピュータで組み立てるマルチススライス式コンピュータ断層撮影(マルチスライスCT)が推奨される。CTスキャンにより血管浸潤や転移を検出することが出来、膵臓癌の切除可能性について約90%の精度がある。

 

超音波内視鏡検査はCTスキャンで膵臓癌が検出できなかった患者に対して有効である。

 

肝臓癌切除手術前に腎臓組織の生検が必要な場合は、内視鏡を使用した微小針吸引法により癌細胞が隣接組織に拡散しないようにする。膵臓癌の切除が可能な患者では直接手術を行うことが出来る。

 

膵管癌の間質線維化反応により生検の所見が偽陰性の場合があるので、注意が必要。

 

腹腔鏡により腹膜又は肝臓表面に出来た不顕性転移が検出出来る。

 

患者に行ったCTスキャンの結果が局部での広がり又は転移の存在により切除不能であるとが判明した場合は、原発部位又は転移部位に微小針吸引法による生検を行い確定診断を行わなければならない。