読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

大腸癌の診断

advertisement

潜血検査法はガンの発症を検査し、内視鏡検査法は腺腫性ポリープの検査と切除を行う。

****

大腸癌の診断には病歴、理学検査、及び臨床検査と放射線検査結果の適切な判断が基本です。病歴には以前の大腸癌、腺腫性ポリープ、及びこれらの疾病の家族の病歴が含まれます。

 

f:id:tpspi:20161107154449j:plain

credit:  fecal occult blood test kit  mambamart

 

大腸癌が転移すると、鎖骨上のリンパ節又は肝臓の肥大あるいは臍のしこり又は腹水が現れることがあります。

 

直腸指診により直腸癌又は腫瘍のブルーマー棚又は骨盤への広がりの検出が可能です。便潜血検査は進行した大腸癌を40から80%の精度で検出します。鉄欠乏性貧血又は肝臓酵素のレベルの上昇は大腸癌を示唆します。

 

腺腫性ポリープの診断方法と同様に大腸癌は結腸内視鏡検査法で検査できます。大便に潜血があった場合、鉄欠乏性貧血の原因が不明な場合、又は大腸癌を示す徴候や症状があった場合は結腸内視鏡検査法が最適の検査方法です。

 

結腸内視鏡検査は癌を検出するのみならず、組織検査のために組織を採取することが出来ます。

 

超音波内視鏡検査法は超音波検査法とビデオ内視鏡検査法を組み合わせたものです。超音波内視鏡検査では浸潤の進行度や肥大したリンパ節の検出と標本採取が可能です。超音波内視鏡検査はまたは患部の局所切除又は低位前方切除の後直腸癌の再発を高感度で検査できます。

 

直腸内コイル式MRIで直腸癌の病期分類が可能です。肝臓転移があると、無症状の第1ステージの大腸癌が見逃される恐れがあるため患者の腹部及び骨盤のCTスキャンが推奨されます。大腸癌の診断には胸部X線撮影やCTも推奨されます。

 

PETスキャンは単独の転移部位切除前に全身転移の疑いを排除するために使用されます。PETスキャンは更にCTで見つけられた病変を詳細に検査するためにも使用されます。腹部のX線撮影は腸閉塞の検出のみに使用されます。

 

Related Topics

腺腫性ポリープの疫学と病理学

腺腫性ポリープの切除と予後

結腸直腸癌 ― 結腸直腸の腺癌