医学よもやま話

医学情報をご提供します。

免疫療法

advertisement

最も進歩した癌治療法

****

近年の癌研究で最も進歩した治療法の一つが免疫療法です。免疫療法薬オプジーボは前京都大学医学部教授の本庶佑氏の研究チームが開発に貢献し、また年間服用した場合の費用が3500万円かかることでも有名です。

f:id:tpspi:20161030165726j:plain

credit:  Opdivo  Bristol-Myers Squibb

 

化学療法と免疫療法との違い

化学療法は薬剤で癌細胞を死滅させますが、免疫療法は免疫細胞を活動させ癌細胞を死滅させます。

 

免疫療法の種類

免疫チェックポイント阻害薬

免疫チェックポイント阻害薬は癌細胞が免疫系の機能を不活性にすることを阻害する薬剤です。

 

免疫チェックポイント阻害薬は免疫細胞であるT細胞の癌細胞に対する働きを活性化させます。

免疫細胞療法

免疫細胞療法は患者から免疫細胞を取り出し、癌と戦えるように、遺伝子的に変異させ、増殖させて、患者の体内に戻します。この免疫療法は患者個別の対応が必要であり、現在実験段階です。

 

二重特異性抗体療法

二重特異性抗体療法は免疫細胞療法の代替医療法です。二重特異性抗体は癌細胞とT細胞の両方に結合するため、T細胞は効果的に癌細胞を死滅させることが出来ます。

 

ワクチン療法

ワクチン療法は免疫療法の一種です。癌ワクチンは一度癌にかかった患者の治療を目的としています。この療法では免疫系が癌を識別して攻撃を行います。

 

BCGは結核用に開発されましたが、膀胱癌に長く使用されています。BCGは免疫系を刺激して癌を攻撃する可能性があります。他のワクチンを免疫チェックポイント阻害薬と組み合わせて利用してがんを治療するすることが考えられています。

 

免疫療法で治療可能な癌の種類

免疫チェックポイント阻害薬で治療可能な癌には進行した黒色腫、ホジキン・リンパ腫、肺癌、腎臓癌、及び膀胱癌が含まれます。他の種類の癌の治療用の薬が研究及び試験が行われています。

 

免疫細胞療法は血液の癌である白血病やリンパ腫の治療に使われ、効果が現れています。

 

承認され、利用可能な免疫チェックポイント阻害薬

厚生労働省が承認し、現在使用可能な免疫チェックポイント阻害薬にはヤーボイ(Yervoy)とオプジーボ(Opdivo)の2種類があり、キイトルーダ(Keytruda)は現在、治験中です。

 

免疫療法の効果

免疫療法においては、免疫チェックポイント阻害薬は黒色腫患者の20から40%で効果があります。病気が進行した患者でも寛解が数年間続く場合もあります。免疫チェックポイント阻害薬を2種類組み合わせて使用すると効果が増強する可能性があります。これらの薬は患者に全く効かない場合もあります。

 

免疫細胞療法では、リンパ腫患者または白血病患者が完全に寛解することが可能です。寛解は数年間続くことも、1年以内に病気の再発が起こることもあります。

免疫療法の合併症

免疫チェックポイント阻害薬は合併症として重度の自己免疫疾患を起こします。自己免疫疾患は癌と同様に健康な組織も攻撃します。その結果、炎症が起こります。肺では呼吸困難、腸では下痢が起こります。更に、関節筋肉痛、リウマチ関節炎が起こり、免疫系は更に生命に重要な組織である脳下垂体と甲状腺をも攻撃します。これらの免疫反応はプレドニゾンなどのステロイド剤で治療できます。

 

免疫細胞療法は免疫系の過剰反応により重度で、死に至る可能性のある合併症を起こすことがあります。この合併症は症状を軽減できますが、患者は集中治療室で治療を受ける必要があります。

 

Related Topics

免疫チェックポイント阻害剤 -- 癌治療薬の最前線