読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

心臓カテーテルの適応と禁忌

循環器科

advertisement

心臓カテーテルは心臓疾患の診断や治療に不可欠な手技である。

****

 

心臓カテーテルは心臓への動脈や静脈にカテーテルと呼ばれる小さなプラスチックチューブの挿入及び進行させる外科手技であり冠動脈や心室(血管造影や心室造影)のX線画像を得たり、心臓内の圧力(血行動態)の測定に使用されます。

 

 

f:id:tpspi:20161029142512j:plain

credit:  PTCA catheter, TERUMO CORP.

 

冠動脈造影はアテローム性動脈硬化疾患の部位、重症度、及び形態を示し、閉塞血管部以降の側副血液供給路を特定する検査法です。心臓カテーテルはは冠動脈、心臓弁膜症、及び心筋症のみならず、カテーテル低侵襲性経皮法により、閉塞性動脈狭窄の軽減、狭窄弁の開放、又は心臓内欠損の閉鎖のための侵襲性治療にも使用されます。これらの同じ診断及び治療方法も頸動脈、腎臓、及び末梢血管疾患、大動脈瘤、及び血管シャントを調べるために末梢動脈でも使用されます。

心臓カテーテルの適応例と禁忌例

  

適応例

心臓カテーテルの適応例として冠動脈疾患の特定と左心室機能の評価;大動脈弁狭窄症、僧帽弁狭窄症、及びこれらの機能不全症、及び各種の心筋症の評価;及び非侵襲性検査の確定及び補完があります。

 

禁忌例

心臓カテーテルの禁忌例として重度の管理できない高血圧、心室性不整脈、管理できない不整脈、最近の急性脳卒中、重度の貧血、明白な消化管出血、造影剤に対するアレルギー、急性腎不全、非代償性鬱血性心不全、説明のつかない熱性疾患及び/又は治療されていない明白な感染、電解質異常(低カリウム血症など)、重度の血液凝固障害、及び妊娠があります。