読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

失語症の治療

脳神経疾患

advertisement

早期の治療で、症状が残ったとしても、生活の質は改善する。

****

治療の必要性

失語症は脳卒中などの命に関わる疾病の徴候の場合があります。次の症状が現れたら直ちに、治療を受ける必要があります。

  • 話しづらい。
  • 相手が話していることが分からないい。
  • 話したい言葉が思い出すのに苦労する。
  • 読んだり話たりするのに苦労する。

 

f:id:tpspi:20160830121535j:plain

 

病因

失語症で一番多い原因は脳卒中による脳の損傷です。すなわち、脳の血管が詰まる脳梗塞又は脳の血管が破ける脳溢血です。脳の血液が失われると脳内の言語ネットワーク領域が損傷を受けます。

 

脳の損傷はこの他、頭の外傷、脳腫瘍、感染、及び脳の変性が含まれます。これらの場合は、失語症の他、記憶障害や錯乱などの他の認知障害も現れます。

 

原発性進行性失語症は徐々に進行する言語障害です。この疾患は言語ネットワークの脳細胞が徐々に変性することにより起こります。この種の失語症は認知症に進行します。

 

一時的に失語症が現れることがあります。原因として、片頭痛、発作、または一過性脳虚血発作が考えられます。一過性脳虚血発作は脳への血流が一時的に止まると発症します。この患者は脳卒中にかかるリスクがあります。

失語症が引き起こす問題

コミュニケーションは社会生活で不可欠なため、失語症は日常生活に支障をきたします。

 

言葉の障壁は困惑、鬱、及び人間関係の問題を引き起こすこともあります。

 

言語療法

言語能力の回復は非常に緩やかです。失語症発症前のレベルに回復する人はまれです。

 

失語症では、言語療法により患者のコミュニケーション能力が改善します。言語療法では、より多くの言語を回復させ、失われた言語能力を補う方法を学び、コミュニケーションの代替方法を見つけ出します。

 

治療

  • グループ療法 ― グループでは、患者は安心して、コミュニケーション能力を向上させることが出来る。

 

薬剤

失語症の治療では、脳への血流の改善、脳の回復力の強化、又は失われた脳内化学物質(神経伝達物質)の補充に薬剤が使用される場合があります。

 

Related Topics

失語症

脳卒中由来の失語症