読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

手首と手に生じる疾患

advertisement

手首や手を酷使すると腱、関節、靭帯、滑膜に異常が出て、感覚異常や痛みで物がつかめなくなる。

**** 

f:id:tpspi:20160920073646j:plain

credit: サッカー日本代表のユニホーム(ジャージ) 

 

結節腫

結節腫は関節又は腱鞘に出来る嚢胞性腫脹で、通常、手首の背側に出来ます。結節腫は滑膜に隣接して、ゼリー状の液体を含んでいます。結節腫は外傷や長時間手首を伸ばしていることが原因で、肥大化します。結節腫の症状として腫脹が現れます。肥大化すると手首に感覚異常が生じます。

 

デ・ケルバン腱滑膜炎

デ・ケルバン腱滑膜炎は手首を動かしながら母指(親指)で物をつかむ動作を繰り返す人で多く発症します。この疾患の症状として痛み、圧痛、及び時折、橈骨茎状突起の腫脹が現れます。病理学的所見として長母指外転筋と短母指伸筋を取り囲んでいる腱鞘にに炎症と狭窄が認められます。

 

フィンケルスタイン・テスト(Finkelstein test)でこの疾患を調べます。

フィンケルスタイン・テストでは親指を手のひら側に折り曲げて、他の指で親指を覆い、手首を小指方向に曲げます。疼痛がでれば、テスト結果は陽性で、デ・ケルバン腱滑膜炎であることがわかります。

 

しかし、このテストでは第一手根中手骨関節の変形性関節症であっても陽性になります。治療法としては、副子、コルチコステロイドの局所注射、及び非ステロイド性抗炎症薬が使用されます。まれに、手術で炎症を起こした腱や滑膜を切除する必要があります。

 

掌屈筋腱鞘炎

掌屈筋腱鞘炎は手のひらの浅指屈筋と深指屈筋の腱鞘の炎症です。掌屈筋腱鞘炎は一般的な疾患ですが、しばしば見逃されています。指を曲げると手のひらが痛みますが、場合により、痛みが背側の近位指節関節及び中手指節関節に広がるため、誤診につながります。手のひらの腱鞘の局部圧痛の有無と腫脹の触診で診断が行われます。この疾患は主に中指と人差し指に生じますが、薬指と小指にも現れる場合があります。線維組織で出来た結節は手のひら側の中手指節関節近位で触診できます。この結節は通常の腱の滑りを妨げ、患者には不快な感覚が生じます。親指の屈筋腱で同様な症状が現れます。この疾患の主たる原因は屈筋腱の過度の筋緊張状態で、手で物を把持することにより生じる手の酷使外傷によるものです。

 

掌屈筋腱鞘炎は関節リウマチ、乾癬関節炎、又はアパタイト結晶沈着症のような炎症疾患の一部として現れる場合もあります。

 

長期間効力があるステロイドを腱鞘に注射することで症状が改善します。難治性疾患の場合は腱鞘の手術が必要です。

 

ゲームキーパー母指

ゲームキーパー母指(スキーヤ母指)は母指の外傷により、第一中手指節関節が不安定になり、尺側側副靭帯の弛緩又は破裂することにより、この疾患が生じます。治療方法として、母指を固定がありますが、手術が必要な場合もあります。

 

深指屈筋の裂離

深指屈筋の裂離(ジャージ指)はサッカー競技で多く見られる外傷です。ジャージ指という別名はサッカー選手は相手の選手のジャージを引っ張り、この疾患にかかることが由来になっています。この疾患は、深指屈筋が最大に収縮しているとき、末節骨(通常第4末節骨)が過剰伸展することにより生じます。腱の裂離により指の末節骨を曲げることが出来なくなります。症状を改善するには手術が必要です。

 

Related Topics

手根管症候群 ― 概要、症状、原因、リスク

手根管症候群 ― 診断と治療