読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

鼠径ヘルニア 

advertisement

放置すると命にかかわる

****

 

腹筋の衰えや異常により鼠径部に、鼠径ヘルニアが起こります。男性の3から4%で鼠径ヘルニアを発症します。年齢とともに、発症率は増加します。鼠径ヘルニアは直ちに危険な病態ではありません。しかし、治癒することはなく、放置すると命にかかわる後遺症がでます。患者には鼠径ヘルニアの修復手術が勧められます。鼠径ヘルニアの修復手術は一般的な手術で短時間で終了します。

 

 

f:id:tpspi:20160901182335j:plain

credit:  携帯型超音波画像診断装置  富士フイルムメディカル(株)

 

症状

  • 立ち上がったり、咳をしたり、力むと恥骨の片側の部位が膨らむ。
  • ふくらんだ箇所に焼灼感が出る。
  • 鼠径部の痛み又は違和感。
  • 鼠径部が重い感じ又は引っ張られる感じがする。
  • 鼠径部に圧迫を感じる。
  • 小腸が陰嚢に嵌入すると睾丸の周囲に痛みや腫れが起こる。

 

嵌頓したヘルニア

もしヘルニアを腹部に戻すことが出来ない場合は、ヘルニア部分が腹壁に嵌頓しています。ヘルニアが嵌頓すると絞扼状態になり、ヘルニア部分の血流が遮断します。この状態を放置すると、命に関わります。

 

ヘルニアの嵌頓により現れる兆候

  • 吐き気、嘔吐、又は両方
  • 発熱
  • 急に痛みが出る。
  • ヘルニア部分に赤み、紫色、又は黒ずむ。
  • 便通が無いか、ガスがでない。

 

このような症状があったら、すぐに医療機関で診察を受ける必要があります。ヘルニアの膨らみが赤、紫、又は黒ずんだりしたら、直ちに医療機関で診察を受ける必要があります。

 

リスク要因

  • 男性であること ― 男性は女性より鼠径ヘルニアの発症率が8倍高い。
  • 高齢であること ― 加齢で、筋肉が弱くなる。
  • 家系。鼠径ヘルニアの親又は兄弟がいると、発症の可能性が高い。
  • 喫煙により、慢性的に咳をする。
  • 慢性便秘 ― 便秘により、大便排泄時に力む。
  • 妊娠 ― 妊娠すると、腹筋が弱くなり、腹部にかかる圧力が増大する。
  • 未熟児で出生体重が低い。
  • 鼠径ヘルニア発症又は修復歴が有る。

 

合併症

  • 鼠径部周辺の組織に圧力がかかる ― ほとんどの鼠径ヘルニアは手術で修復しないと、ヘルニアは時間の経過とともに、大きくなる。男性では、ヘルニアが大きくなると、陰嚢に嵌入し、痛みが強くなり腫れる。
  • ヘルニアが嵌頓する ― ヘルニアが腹壁の弱い箇所に嵌頓すると、腸閉塞を発症し、激痛、吐き気、嘔吐、便通が又はガスが出なくなる。
  • 絞扼 ― ヘルニアが嵌頓すると、血流が止まり、嵌頓した腸の組織が壊死する。ヘルニアの絞扼は命に関わり、緊急手術が必要になる。

 

診断

鼠径ヘルニアは鼠径部に膨らみが有るかを目視及び触診で確認します。患者は起立した状態で、咳をすると、鼠径部が膨らみ、鼠径ヘルニアと診断されます。

 

目視及び触診で鼠径ヘルニアと診断できないときは、腹部超音波、CT、又はMRIで検査を行います。

 

治療

ヘルニアが小さく、不快な症状がないときは、経過観察することも可能です。ヘルニアが大きくなり、痛みがでたときは、不快な症状をなくし、重大な合併症を防ぐために手術が必要になります。

 

鼠径ヘルニアの手術には2種類があります。ヘルニア修復開腹手術と腹腔鏡手術です。

 

Related Topics

足の付根が飛び出し、違和感を感じるとき