医学よもやま話

医学情報をご提供します。

甲状腺と甲状腺ホルモン

advertisement

甲状腺ホルモンが過不足になると、体全体に影響が出る

 ****

甲状腺

甲状腺は喉仏の下にある蝶ネクタイの形をした臓器で2つの部位に分かれており中央でつながっています。

 

f:id:tpspi:20160807144114j:plain

 

甲状腺は体の代謝速度を制御する甲状腺ホルモンを分泌します。

 

甲状腺ホルモンは次の生体機能に影響を及ぼします。

  • 心拍数
  • 呼吸数
  • カロリー燃焼速度
  • 皮膚の代謝
  • 成長
  • 熱の発生
  • 生殖能力
  • 消化

 

甲状腺ホルモン

甲状腺ホルモンには次のものがあります。

  • T4チロキシン
  • T3トリヨードサイロニン

 

T4は甲状腺で作られる主要なホルモンで代謝率向上にはほとんど機能しません。T4はより活性化したホルモンであるT3に変化します。

 

甲状腺はヨウ素から甲状腺ホルモンを作ります。甲状腺はヨウ素を貯めておき必要に応じて甲状腺ホルモンを作り出します。甲状腺ホルモンが使われると、ホルモンからヨウ素の一部が甲状腺に戻され、甲状腺は甲状腺ホルモンをリサイクルします。

 

人体は甲状腺ホルモンのレベルを調整するための複雑なメカニズムを備えています。脳の下垂体の上に位置する視床下部はサイロトロピン分泌ホルモンを分泌し下垂体に甲状腺刺激ホルモン(TSH)作らせます。下垂体は血流中の甲状腺ホルモンのレベルに応じてTHSの放出速度を遅らせたり、早めたりします。