医学よもやま話

医学情報をご提供します。

脊髄損傷の慢性期の患者に福音

advertisement

iPS細胞とリハビリで再び歩行が可能になる

****

これまで、脊髄損傷にかかり、半年以上経過すると、運動機能の回復は困難だと考えられていました。この度、慶応大学の中村雅也教授らの研究グループは、神経幹細胞を移植し、歩行訓練を適切に行えば運動機能の回復が可能であることをマウスを使って実証しました。研究成果が2016年8月3日に英国科学誌”Nature”に掲載されました。

f:id:tpspi:20160805151456j:plain

 

 

 

脊髄損傷から6ヶ月以上経過した慢性期の患者は症状が固定してしまい、運動機能の回復は難しいと考えられてきました。

 

傷ついた神経は再生しますが、時間がたつと神経が無秩序につながってしまいます。リハビリによって新しい神経回路ができ、神経同士のつながりも増えることが分かりました。

 

脊髄を損傷から6週間以上が経過したマウスにiPS細胞から分化させた神経幹細胞を移植し、8週間、歩行訓練を行ったところ、歩行が困難であったマウスが歩けるようになり、歩行のスピードも1.5倍になったと発表されています。

研究グループでは、脊髄損傷にかかった患者にiPS細胞を使って神経幹細胞を移植する研究を進めています。

 

慶応大学は2017年度にも脊髄を損傷して2から4週の患者にiPS細胞から分化させた神経幹細胞の移植を計画しています。2019年をめどに慢性期の患者に対して装着型ロボットを使うリハビリと神経幹細胞の移植も計画しています。

 

Related Topics

脊髄損傷とリハビリ

自民党幹事長の頸髄損傷