読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

自民党幹事長の頸髄損傷

advertisement

転倒しただけで半身不随となることもある

****

 

自民党の谷垣幹事長は7月16日に自転車運転中に転倒し、頚髄を損傷して手術を受けました。谷垣氏は怪我の治療のため、職務復帰に時間がかかる見込みです。頸髄損傷とは脊髄の首の部分の損傷です。頸髄には多数の神経が通っているため、ここを損傷すると、そこから下の神経が機能しなくなり、いろいろな障害がでます。

 

f:id:tpspi:20160731140856j:plain

 

 

脊髄損傷

脊髄損傷は脊髄又は脊柱管の端部の神経の損傷で、損傷部から下の体の部分の強さ、感覚、及び他の機能が失われます。

 

脊髄が損傷した場合は、今後の生活のあらゆる面で影響が出る可能性があります。

 

症状

脊髄損傷では次のいずれかの兆候や症状がでます。

  • 体が動かせない。
  • 温感や触感など感覚が無くなる。
  • 排便や排尿の調整ができなくなる。
  • 過剰な反射運動や痙攣が起こる。
  • 生殖機能、性感、生殖能力が変化する。
  • 脊髄の神経の損傷により痛みや激しく刺すような感覚が起こる。
  • 呼吸、咳、肺からの分泌物の除去が困難になる。

 

危険な兆候と症状

事故後に起こる脊髄損傷の危険な徴候と症状には次のものがあります。

  • 極度の背部痛、又は首、頭、背部の圧迫。
  • 体の脱力感、不調、麻痺。
  • 手、手の指、足、足の指における刺痛又は無感覚。
  • 排尿・排便調節の消失。
  • 平衡維持と歩行困難。
  • 呼吸障害。
  • 首又は背部の位置や捻りの異常。

 

応急処置

頭や首を怪我したら脊髄損傷が無いか医師の診察を受ける必要があります。頭や首を怪我した場合は、医師の診察を受けるまでは、脊髄損傷があるものとして対処したほうが安全です。脊髄損傷の影響が体にでるのに時間がかかる場合があるからです。

  • 脊髄損傷に気づかないでいると、重大な損傷に到る場合がある。
  • 脊髄又はその近辺で出血又は腫れが起こると麻痺やしびれが直ちに又は徐々に起こる。

 

背部脊髄又は頸髄に損傷があるときの注意事項:

  • 怪我人は絶対動かさない。動かすと、麻痺や重大な合併症が起こ危険性がある。
  • 救急車を呼ぶ。
  • 怪我人を安静にする。
  • 救急車が到着するまで怪我人の首の両側に厚手のタオルを置くか、頭と首が動かなないよう固定する。
  • 怪我人の頭や首が動かさないようにしで、止血や怪我人を楽な姿勢にする。