医学よもやま話

医学情報をご提供します。

胆嚢と胆管

advertisement

胆嚢は胆汁を貯めておく臓器

****

胆嚢

胆嚢は胆汁を貯めておく小さな臓器です。胆汁には消化を助け、老廃物(主としてヘモグロビンと余分なコレステロール)を体外に排出する機能があります。胆汁に含まれる胆汁酸塩はコレステロール、脂肪、油溶性ビタミンが小腸で吸収されやすくして消化物を助けます。胆汁に含まれるビリルビン(赤黄色の色素)はヘモグロビンの老廃物です。

f:id:tpspi:20160726152837j:plain

 

胆管

胆汁は肝臓から総肝管を形成する左右の肝管を通って送られます。総肝管は胆嚢管と総胆管に、胆嚢管は胆嚢に、総胆管は小腸につながっています。総胆管は胃から10数センチの下方に位置するオッディ括約筋で小腸につながります。

 

胆嚢の働き

食事の間に分泌された胆汁の半分が総胆管から小腸に送られます。残りの胆汁が胆嚢管から胆嚢に送られます。胆嚢は胆汁を蓄えておく他、胆汁の水分の90%を除去して濃縮します。食べ物が小腸に入ると、ホルモンと神経信号が胆嚢に送られ胆嚢が収縮し、オッディ括約筋が緩みます。これにより、胆汁が胆嚢から小腸に流れ、食物と混ざり消化が行われます。

 

胆汁が小腸に送られると、胆汁酸塩の約90%が小腸壁を介して血流に戻されます。肝臓は血液から胆汁酸塩を取り出し胆汁に戻します。胆汁酸塩は一日に約10から12回このサイクルを繰り返します。少量の胆汁酸塩は吸収されずに大腸に至り、腸内細菌により分解されます。胆汁酸塩の一部は大腸で吸収され、残りは便として体外に排出されます。

 

胆嚢は胆汁を蓄える働きがありますが、人間に必須の臓器ではありません。胆石や炎症により胆嚢を摘出したときは胆汁は肝臓から直接小腸に送られます。

 

 

胆石

コレステロールの塊(胆石)が胆嚢又は胆管に留まる場合があります。胆石が生じても通常は症状がでません。しかし、胆石が胆嚢からの胆汁の流れを阻害すると、胆疝痛又は炎症が起こります。胆石は胆嚢から胆管に移動して、胆汁が小腸へ流れることを妨げる場合があります。この場合は、痛みと炎症に加えて、黄疸が皮膚や白目に現れます。腫瘍が胆汁の流れを阻害する場合もあります。

 

胆嚢摘出

胆嚢に胆石が生じたとき(胆石症)、胆管に胆石が生じたとき(総胆管結石症)、胆嚢に炎症が生じたとき(胆嚢炎)、及び膵臓に炎症が起きたとき(膵臓炎)に胆嚢の摘出が行われます。

 

胆嚢摘出により胆石による痛みや不快感がなくなります。食事療法のような保存的療法では胆嚢結石の発生を防止することはできません。胆嚢摘出により胆石の発生を防止することができます。

 

胆嚢摘出により軽度な下痢が起こりますが。時間の経過とともに、下痢症状は軽減します。胆嚢は必須の消化系の臓器ではありません。

 

胆嚢摘出は腹腔鏡手術が主流となっており、手術後数日で職場復帰できます。胆嚢摘出を開腹手術で行った場合は、職場復帰に1週間以上が必要です。