読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

うつ病は専門医でも容易に見つけられない

advertisement

うつ病の見分け方

****

 

うつ病

日本人のうつ病の割合は将来に1度かかる割合は15人中1人であり、現在の患者数は300万人と推定されています。うつ病と疑われていても4人中3人は専門医の診察を受けないのが現状です。その理由は、本人がうつ病を自覚できないからです。

 

f:id:tpspi:20160720084602j:plain

credit:  スポーツ医学研究所

 

うつ病の症状

うつ病にかかると、体と心に症状が現れます。体に現れる症状として、睡眠障害、疲労・倦怠感、首・肩のコリ、頭痛などがあげられ、心に現れる症状として、意欲・興味の減退、能力の低下、不安などがあげられます。

 

うつ病の原因

うつ病の原因はまだ完全には解明されていませんが、考えられる原因として、脳に変化が起こっていると考えられています。これまでは、シナプスで情報伝達を介在する神経伝達物質が減少することによりうつ病が引き起こされると考えられていました。最近の研究ではストレスによりシナプスの形状が変化することによりうつ病が発症するとする説が有力になっています。

 

診断方法

うつ病の診断は専門医でも容易ではなく、患者の症状が他の疾病によるものでないことが確定した場合に初めてうつ病であると診断されます。そのため、他の疾病の可能性を排除するために、血液検査や画像診断が行われます。

 

他の疾病の可能性がなく、うつ病特有の症状が長く現れている場合に、うつ病と診断されます。

 

うつ病でなくてもうつ病の薬を処方され、本当のうつ病にになったり、逆にうつ病であっても、うつ病でないと診断され、症状が悪化したりすることも多数報告されています。そこで、専門医の診断を受ける必要があります。

 

周りの人の協力

患者本人だけでなく、周りの人が気づいてあげることが重要です。周りの人が専門医に相談し、本人が診察をうけるように進めることにより、本人もうつ病だと気づくことが出来、専門医も本人と周りの人から症状を聞き出すことが出来、正確な診断を行うことが出来ます。

 

Related Topics

プリンスの死とオピオイド

酒の功罪