読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

熱射病

熱疾患

advertisement

軽度の熱疾患

****

 

熱射病は熱のため体からナトリウム(電解質)と水分が極度に失われ、血液量が減少し、多くの症状が現れ、意識を失うこともある熱疾病です。熱射病患者がさらに熱にさらされると、熱中症に進行する場合があります。熱射病にかかると衰弱、倦怠感、吐き気、失神、その他の症状が現れますが、命にはかかわらない疾病です。激しい労働の後に熱射病にかかると横紋筋融解症、ミオグロビン尿症、または急性腎障害を発症することがあります。熱射病では脳障害(錯乱、運動失調症など)が起こらず熱中症と区別されます。

f:id:tpspi:20160717084505j:plain

 

credit: 大塚製薬 経口補水液OS-1

 

症状

熱射病の症状は他の疾病に似ており、熱が原因だと気づかない場合があります。症状としてめまい、ふらつき、衰弱、疲労、頭痛、目のかすみ、筋肉痛、吐き気、嘔吐が起こる場合があります。まれに、筋肉の痙攣や、気を失うこともあります。さらに、大量の発汗や、心拍数や呼吸が早くなったり、血圧が低下することもあります。熱中症と異なり、熱射病では錯乱状態や運動不能は起きません。通常は、体温は正常で、体温は高くとも40℃を超えることはありません。

 

診断

症状と熱露出に基づいて診断が行われます。熱射病以外の疾病の疑いがあるときは該当する検査が行われます。大量の水を摂取した人では血液中のナトリウム・レベルを測定する場合もあります。

 

治療法

  • 経口又は点滴による補液

治療法として、患者を涼しい環境に移し、衣服を脱ぐか緩め、ベッドで休ませます。0.1%の食塩水を1時間に1リットルの割合で経口補液を行います。嘔吐や吐き気により経口補液が出来ない場合は、0.9%の食塩水の点滴と電解質補充療法を行います。30分から60分で症状が改善しない場合は、患者を病院へ救急搬送します。病院では点滴で補液を行います。点滴による補液の速度と量は年齢、症状、及び臨床反応で異なります。500mL/hで1から2Lを補液します。高齢者や心臓病に疾患のある患者では補液の速度を遅くします。