読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

耳鳴りと補聴器

advertisement

補聴器による耳鳴り解消

****

「ついに!耳鳴りが治る 原因解明&治療最前線―NHK ためしてガッテン(放送2015年3月4日)」の復習です。

鳴り止まない耳鳴りの原因は? 加齢による聴力低下による難聴。

難聴による耳鳴りが起こるメカニズムは蝸牛が加齢による劣化で音声を信号に変えることが出来なくなってしまった。信号が弱まると視床は感度を高める。脳は感度を高めた信号をノイズと感じてしまう。通常は感度は元に戻るが、脳が興奮状態だと感度は上がったままで興奮状態が続いてしまう。

補聴器により聴き難い音を増幅することで、視床は感度を上げる必要が無くなり、耳鳴りは改善する。

耳鳴りが改善できる補聴器は片耳10万円くらいで、耳鼻科の専門医の診断が必要である。 

 

f:id:tpspi:20160715114012j:plain

 

Credit:  RION Co.,Ltd.

 

耳鳴りの原因が蝸牛の老化によるもので音域の一部が聴き取り難くくなっている場合は補聴器で治癒可能です。

 

 

耳鳴り

耳鳴りはノイズとして聞こえます。約10から15%の人が耳鳴りを経験しています。耳鳴りは自覚的耳鳴りと他覚的耳鳴りに分類されます。

 

自覚的耳鳴り

自覚的耳鳴りは存在しない音を知覚するもので患者のみが聞こえます。ほとんどの耳鳴りは自覚的耳鳴りです。自覚的耳鳴りは聴覚路のどこかにおける異常で発症します。自覚的耳鳴りの原因の多くは大きな雑音、加齢、メニエール症候群、および薬剤の副作用によるものです。

 

他覚的耳鳴り

他覚的耳鳴りは特殊な耳鳴りで、耳の近くの血管構造で生じる雑音です。他覚的耳鳴りは耳鼻科医にも聞こえます。

 

耳鳴りを伴う疾病

難聴による片方性耳鳴り、めまい、平衡障害がある場合はガドリニウム造影剤を使用したMRIで検査して、聴神経腫の可能性を排除する必要があります。神経障害を伴う耳鳴りは注意が必要です。

  

Related Topics

失うことは悪いことではない!