読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

開頭手術

advertisement

脳を手術するとき、脳をどのように開き、閉じるのか?

****

開頭手術とは頭皮、頭蓋骨、脳を保護している膜を切開して、脳の病変を治療する手技です。

 

f:id:tpspi:20160618122055j:plain

画像: 手術用ドリル

 

開頭手術は脳腫瘍、血腫、動脈瘤、動静脈奇形、頭蓋骨骨折、脳の腫脹、又は感染の治療や異物(弾丸)の摘出で行われます。

 

治療後、取り外した頭蓋骨片(骨弁)をチタン製の金具とネジでで固定します。ドリルの穴も同様に塞ぎます。

 

頭蓋骨にコイン大の穴を開けて行う開頭手術は低侵襲手術で、ドリル開頭手術又はキーホール開頭手術と呼び、定位フレーム、CTやMRI等の画像検査装置や内視鏡が使用され、ドリルで開けた小さな穴から手術器具を挿入して治療を行います。

ドリル(キーホール)開頭手術は次の治療や処置で行われます。

 

  • 脳水腫の治療で脳室にシャントを挿入して脳脊髄液を排出します。
  • パーキンソン病の治療で深脳部刺激装置を挿入します。
  • 頭蓋内圧の測定で頭蓋内圧モニターを挿入します。
  • 針生検で異常な組織のサンプルを取り出します。
  • 定位血腫吸引で凝固血液を除去します。
  • 小さな腫瘍除去や動脈瘤の塞栓で内視鏡を挿入します。

 

開頭手術で行われること

 

  • 手術前の患者に対する準備

患者に点滴と全身麻酔が行われます。麻酔が効いたら、患者の頭が手術台に固定されます。腰椎ドレインを腰椎に挿入して脳脊髄液を排出して、脳を弛緩させます。

  • 頭皮切開

髪の毛の後ろから頭皮を切開します。疾病の部位に応じて、周囲約6ミリの幅で髪の毛を刈り込みます。

  • 頭蓋骨切開

頭皮と筋膜を頭蓋骨から離し外に折り曲げます。次に、ドリルで頭蓋骨に穴を開けます。ドリルの穴から特殊な手術用こぎりを挿入して、骨弁を切り取ります。切り取った骨弁は治療終了後に再利用します。

  • 脳の露出

手術用ハサミで硬膜を切開し、外に折り曲げて脳を露出させます。開創器で治療部位を露出させます。

  • 治療

脳は頭蓋骨内部に収まっているので、組織を移動させ病変部を治療するために、特殊な器具を使用します。特殊な器具として、柄の長いハサミ、切開器具、ドリル、レーザ装置、超音波吸引器(ジェット噴射で腫瘍を分離吸引)、及び画像検査装置を使用します。疾病により、誘発電位計を使用して脳神経を刺激して反応を調べ、神経の機能を温存し、損傷が進まないようにします。

  • 開頭手術の終了

病変の除去又は修復の後、脳を固定していた開創器を外し、硬膜を閉じ、縫合します。骨弁を元の位置に戻し、チタン製のプレートとネジで頭蓋骨に固定します。手術後、これらの固定部材による違和感が出ることがあります。必要において、頭皮にチューブを接続して手術部位から血液や液体を排出させます。筋膜や頭皮を元の状態に縫合し、ターバン状または接着式の包帯で傷口を覆います。

 

開頭手術はを受ける患者は恐怖を覚えることになるでしょうが、近年は内臓の手術と同じように普通に行われる手術になってきました。早期の治療であれば死に至ることはありません。

 

Related Topics

クモ膜下出血

正常圧水頭症