医学よもやま話

医学情報をご提供します。

正常圧水頭症

advertisement

本当にアルツハイマー病?

****

 

内科医や脳神経科医でもアルツハイマー病と間違う病気があります。

 

この病気にかかると、記憶障害、歩行困難(患者は足を引きずって歩く)と尿失禁の3つの症候のいずれか又はすべてが現れます。

 

この疾病は脳に脳が貯まる疾病であり、治療も容易であり、手術後、通常の生活を送ることが出来ます。

f:id:tpspi:20160612130404j:plain

 

アルツハイマー病と診断される患者の数パーセントは正常圧水頭症です。

 

正常圧水頭症の患者のほとんどは老人です。脳を取り囲み、脳室を満たしている脳脊髄液の吸収が正常に吸収されず、脳内に溜まってしまう疾病です。

 

老人の脳室は萎縮により若者より大きくなっていますが、正常圧水頭症では、脳室の萎縮と不釣り合いに拡大します。

 

この疾病の名称「正常圧水頭症」は小児に良く見られる脳圧が高くなる水頭症とは異なり、頭痛もなく、直ちに命にかかわることもありません。この疾病の原因は不明で、「不運」な病気に分類されています。

 

検査方法としては、CTで脳の断層撮影を行い、脳脊髄液が溜まり脳室が肥大している場合、MRI検査を行い、脳脊髄液が脳の中心部溜まっている場合、正常圧水頭症が疑われます。

 

治療方法として、全身麻酔の後、頭蓋骨に孔を開け、直径2mm程度のチューブを脳室に入れ、このチューブを頭の皮の下から、首、腹を通し、最後に腸に接続します。脳中に溜まった脳脊髄液をこのチューブで腹に流します。手術では脳脊髄液調節バルブを埋め込みます。手術後、皮膚の上からバルブの圧力を磁石で調節します。

 

専門病院で正しく検査を受けないと残りの人生が無駄になります。

 

Related Topics

家庭崩壊の危機

将来、アルツハイマー病を発症するリスクを知りたいですか?