読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

心臓カテーテル検査と冠動脈造影

循環器科 医療技術

advertisement

狭心症や心筋梗塞を確実に見つける方法

****

 

心臓カテーテル検査と冠動脈造影を同時に行うことにより、冠動脈の疾病が正確に診断出来ます。心臓内部の血圧の測定や冠動脈内部が撮影出来、血管形成術や冠動脈バイパス手術が技術的に可能か判断することが出来ます。この検査により、他の心臓疾患の診断、心臓疾患の重症度の判定、又は症状悪化の原因を調べることが出来ます。

 

 

f:id:tpspi:20160605143211j:plain

心臓カテーテル検査

 

心臓カテーテル検査は冠動脈疾患や様々な心疾患の診断や治療にも広範に使用されています。心臓カテーテル検査は1分当たりの心臓の血液送出量の測定や心臓の先天性欠損症や粘液腫のような腫瘍の検出にも使われています。

 

カテーテルの先端に様々なアッタチメントを取り付けることが出来、心臓の内部や心臓につながっている血管内部の血圧測定、血管内部の超音波映像の表示や撮影、心臓各部からの血液サンプルの採取、心臓内部の組織サンプルの採取(生検)などが行えます。

 

カテーテルから造影剤を注入して血管をX線で撮影することを血管造影と呼び、狭くなっている心臓弁を広げることを弁形成と呼びます。動脈の狭窄又は閉塞を取り除くことを血管形成と呼びます。

 

カテーテルを心臓に挿入すると心臓に脈動異常が生じることがあります。この場合は、心電図で心臓をモニターし、カテーテルの位置を変えて、異常な脈動を防ぎます。脈動が収まらないときは、カテーテルを取り除き、検査を中止します。稀に、心臓壁が損傷を受けたり、破れることがあります。このときは、緊急手術で心臓壁の破損した箇所を修復します。

冠動脈造影

 

冠動脈造影により心筋に新鮮な血液を送る冠動脈の状態が分かります。

 

患者に局部麻酔を投与した後、腕又は鼠径部からカテーテルを動脈に挿入します。カテーテル挿入時に、X線透視検査でカテーテルの進行状況を調べならが、カテーテルを冠動脈に送ってゆきます。

 

カテーテルが冠動脈に達したら、カテーテルから冠動脈に造影剤を注入して、冠動脈の輪郭をモニターに表示させ、画像を記録します。

 

通常、冠動脈の状態は動画で記録します。これを血管動画撮影と呼びます。

 

心室造影法はカテーテルから心臓の左心室又は右心室に造影剤を注入してX線で心室を撮影します。心室造影法により、左心室又は右心室の働きがわかり、心臓の血液送出能力を評価できます。血液送出能力により、駆出分画(1回の心拍で左心室から送出される血液の割合)が計算でき、心臓の送出量の評価により心臓の損傷を判定することが出来ます。

 

心臓カテーテル検査と冠動脈造影で狭心症や心筋梗塞を確実に見つけることが出来ます。

 

Related Topics

医療用造影剤

走ったとき胸が苦しくないですか?