読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

東洋医学、現代医学、統合医学

健康 健康食品

advertisement

科学的根拠がなければ現代医学ではない!

****

 

現代の医学には現在主流の西洋医学、西洋医学以外の相補的医療、それにそれらを組み合わせた統合医学があります。

 

東洋医学である漢方薬や鍼灸指圧などの手技はヨガなど共に相補的医療に含まれます。

 

日本では江戸時代以前の医療は東洋医療である漢方薬の摂取や、鍼、灸、指圧などの施術が行われ、患者の治療が行われていました。

 

西洋医学が進歩したのは細菌の発見、抗生剤の発明から後のことで、それまで西洋医学といえども東洋医学との違いも僅かなものでした。

 

江戸時代、日本の医学は蘭学が主流となり、人体解剖、外科手術、麻酔薬の製造も行われており、西洋医学との差はあまりなかったようです。

 

現代医学と東洋医学の最大の違いは科学的根拠に基づいているか否かです。

 

f:id:tpspi:20160602093410j:plain

東洋医学である、鍼、灸、指圧などの手技は特に筋肉をほぐし、痛みを取ることに主眼がおかれています。漢方薬は通常の薬剤で効果が見られない場合に良く使われますが、有効成分が同じであれば、区別する必要はなく、成分が異なれば、プラセボ効果があるに過ぎません。

 

近年、大学医学部のカリキュラムに漢方薬の講座がありますが、これは現代医学に東洋医学の緩和効果を統合した統合医療を目指したものです。診断、治療は現代医学で行い、症状を抑えるために東洋医学の鍼灸の施術や漢方薬を使うわけです。

 

最近、首筋をマッサージにより血栓が脳に飛んで脳卒中を発症したという報道がありました。首のコリを取るのにマッサージをするのは危険です。

 

その観点からすると、家族に首筋をマッサージをしてもらったり、マッサージ器を使うのは非常に危険です。理容師はサービスで首筋をマッサージしてくれますが、きっぱり拒否すべきです。

 

東洋医学の施術は医療行為であるため国に資格が必要ですが、誰でも容易に参入できることが問題です。

 

東洋医学を施術している人が必ずしも有資格者でない場合が多数あります。

整体、リラクゼーション、カイロプラクテック、気功治療、リンパマッサージ、中国古式、いろいろありますが、国が認めた資格を持たない人の施術は違法で、体に障害が起こるリスクが高くなります。

 

マッサージ、指圧により脊髄損傷、骨折が起こる場合があります。

鍼による感染事故、肺に鍼が達して穴が空き、気胸になること、鍼が途中で折れて体内に残ること、臓器の損傷、神経や血管の損傷などがあり、命を落とす危険性もあります。

 

灸による事故としては、火傷などがあり、火傷の痕が残ることもあります。

 

このように東洋医学は無資格者が介入する可能性が高いので、施術を受けるときは資格者であることを確認する必要があります。

 

漢方薬は通常の医薬で症状が治まらない時、補助的に使われます。症状が治まらないのは診断が誤っている可能性もあるので専門医の診察をうけるか、セカンドオピニオンを受ける必要があります。診断が確定し、適切な薬剤を服用すれば、漢方薬を服用する必要も無くなります。

 

相補的医療として、サプリメントと呼ばれている栄養補助食品の存在があります。薬剤でもなく食品でのないのです。薬剤の効果を持った食品といった扱いです。薬として売るには敷居が高くて売れない、しかし儲けるために考えついたのがサプリメントです。

 

本来は食物から栄養を補給すれ済むはずです、疾病がある場合は、医師から適切な薬剤を処方してもらい、服用すべきです。

 

正体不明なサプリメントの服用は避け、成分を表示または効能の認可を受けたトクホを利用するのが賢明です。

 

国外で販売されている一部の漢方薬やサプリメントは監督官庁の規制が緩かったり、不正が横行しているため有害物質が混入している可能性もあります。ネットで購入するのは非常に危険です。

 

現代医学科は学的根拠があります。

 

国民健康保険適用の医療が一番安全です。

 

Related Topics

西洋医学と漢方医学

だからトクホは必要だ!

健康食品による健康被害