読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

後鼻漏

免疫

advertisement

喉に不快な症状はありませんか?

****

 

毎日、喉に何かが残っているような感じがして、咳払いをしてもスッキリせず、耳鼻咽喉科で診察を受けても、何ら異常はないと言われ、いつも咳払いをしてしまい、自分だけでなく周りの人に迷惑をかけてしまいます。龍角散で一時的に症状は治まりますが、長続きはしません。アメを舐めたりガムをかんでいればそのときは症状が治まります。この症状の原因は何でしょうか?

 

鼻、喉、気管、胃、及び腸管内層の腺から毎日1から2リットルの粘液が分泌されています。粘液は細菌やウイルスのような異物が体内に侵入して感染を引き起こさないように、これらの部位を湿らせ異物を閉じ込め破壊する物質です。普通、粘液は唾液に混ざり、ゆっくり鼻の奥から喉の方へ流れ落ちてゆくので、気になることはありません。

 

f:id:tpspi:20160527105956j:plain

イメージ出典: 鼻洗浄器ネチポット(Neti pot)

 

粘液の分泌量が多かったり、粘度が高いと、粘液が気になります。余分な粘液は鼻水として鼻の前面から流れ出ます。鼻の後部からから喉に下りてゆく粘液を後鼻漏と呼びます。

後鼻漏の原因

 

後鼻漏には様々な原因があります。例えば、

 

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • アレルギー(アレルギー性後鼻漏と呼びます)
  • 副鼻腔炎
  • 妊娠
  • ある種の薬剤(避妊薬、高血圧治療薬)
  • 鼻中隔彎曲症(2つの鼻孔を分けている鼻孔壁の変形)又は副鼻洞に影響を与える解剖学的異常
  • 低気圧の通過、気温の低下、空気の異常乾燥
  • ある種の食物の摂取(辛い食物は粘液の流れを増加させる)
  • 薬品の匂い、香水、洗剤、煙、他の刺激物

 

後鼻漏の問題は粘液の分泌量が多過ぎることではなく、粘液が喉に留まっていることによります。嚥下障害でも喉に液体が溜まり、後鼻漏のように感じます。加齢、喉の詰まり、胃食道逆流症のような症状により後鼻漏の症状が起こります。

 

後鼻漏の症状

 

喉に液体が留まっている感じがするため、頻繁に咳払いをしてしまいます。この結果、喉が刺激を受けます。特に、夜に症状が悪化します。後鼻漏により慢性的に咳がでます。喉から大量の粘液が下りてゆくと、しわがれ声になり、喉の痛みが起こります。

 

粘液により喉と中耳を繋いでいるエウスタキオ管が詰まると、耳炎が起きます。粘液により副鼻腔が詰まると、副鼻腔炎が起きます。

後鼻漏の治療

 

後鼻漏の原因により、治療法が異なります。細菌感染の場合は抗生剤で治療します。粘液が緑色又は黄色い場合でも細菌感染でない場合があります。風邪の場合も粘液が緑又は黄色になりますが、ウイルスが原因のため、抗生剤は使用できません。

 

副鼻腔炎やウイルス感染の場合は、抗ヒスタミン剤や鼻詰まり用点鼻薬を使用します。アレルギー性の後鼻漏の場合は、これらの薬剤と共にステロイド剤や点鼻スプレーを使用します。

 

粘液を薄めても後鼻漏の症状が軽減します。粘液が濃い場合は喉の奥のべたつき感が強くなります。粘液を薄めることにより、耳と副鼻腔の閉塞よる炎症の発生を防止することが出来ます。水分を十分摂取すれば、粘液を薄めることが出来ます。

 

次の方法で粘液を薄めることが出来ます。

 

  • 去痰薬の服用する。
  • 生理食塩水の点鼻スプレーまたは鼻洗浄(ネチポット)を使用して、余分な粘液、細菌、アレルゲン、及びその他の刺激物を副鼻腔から取り除く。
  • 加湿器を使用して、空気の乾燥を防ぐ。

 

睡眠時には、枕を高くして、粘液が喉に溜まらないようします。アレルギーがある場合は、次の方法でアレルゲンを除去します。

 

  • 布団や枕カバーをホコリダニ防止カバーで覆う。
  • 熱湯でシーツ、枕カバー、および布団カバーを洗濯する。
  • 高性能な空気清浄機を使用する。
  • 毎日、掃除機をかける。

 

鼻水に異常な臭がしたり、熱が出たり、喘ぐような咳が出たり、症状が10日以上続く場合は、細菌感染の可能性があるので、医師の診察が必要です。鼻水に血が混じっていた場合も、医師の診断が必要です。薬により、症状が治まらないときはCT、X線、などの検査が必要となることがあります。

 

喉の不快な症状の原因は喉に溜まった粘液の場合が多く、特にアレルギー性の場合は、薬に頼らなくとも対処は可能です。

 

Related Topics

摂取してはいけない添加物

花粉症の治療

健康食品による健康被害