読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

メタボと痛風との関係

健康 生活習慣病

advertisement

正しいライフスタイルを実践しないと、死ぬほどの激痛に襲われるかもしれない!

****

知り合いの家族に3人の兄弟がいます。3人とも親譲りで酒がめっぽう強く、いくら飲んでは顔色は変わりません。その内2人は40代になると痛風に苦しむようになりました。くるぶしが腫れ、痛みはかなり深刻で、仕事もできない有様でした。痛風の発作は年に2から3回ぐらい襲われていたようでしたが、60代になり、健康に気をつけるようになると、痛風の発作がおさまりました。

 

f:id:tpspi:20160520094407j:plain

 

 

血流中の尿酸値が高くなると、尿酸の結晶が関節に蓄積します。その結果引き起こされる疾病が痛風です。痛風になると、関節及びその周辺が炎症を起こし激痛に見舞われます。

 

尿酸結晶の蓄積により間断なく関節や組織に激痛と炎症が起きます。

 

医師は関節から液体を取り出し、尿酸結晶の存在を調べて痛風の診断を行います。痛風の症状に応じて、抗炎症剤、鎮痛剤、発作防止剤、時には尿酸値を下げて関節に尿酸塩結晶の蓄積を防止する薬を処方します。

 

痛風は女性より男性に多く見られ、男性では中年で、女性は閉経後に発症します。若年層にはほとんど発症しませんが、30前に発症すると劇症化します。

 

痛風は血中の尿酸値が高くなると発症しますが、遺伝性の要因も大きいことが分かっています。

 

メタボ(生活習慣病)になると腹部脂肪により腹囲が増加し、高血圧症、インスリン耐性、高血糖値、高コレステロール値、及び血液中の他の脂肪も検出されるほか、血液中の尿酸値も高くなります。

 

多くの場合、痛風患者は心血管疾患も併発しています。

 

痛風の原因

 

人体は絶えず細胞を分解し、新しい細胞を作り出しています。核酸が分解されるとき、副産物として尿酸が作られ、血流を通して体内を巡ります。更に、人体はRNAやDNAの材料となるプリン体を尿酸に変換します。

 

プリン体を含んだ食品を多く摂取すると血液中の尿酸値が上昇します。しかし、プリン体を含んだ食品を控えても尿酸値の低下は僅かです。

 

アルコールを摂取すると尿酸の産出が増加し、更に腎臓の尿酸排出機能を低下させます。従って、高プリン体食品とアルコールを多く摂取すると尿酸値が上昇し、痛風に至ります。

 

痛風を避けるには、メタボにならないようなライフスタイルを実践し、プリン体を多く含んだ食品とアルコール摂取を控えることです。

 

正しいライフスタイルを実践しないと、死ぬほどの激痛に襲われるかもしれません。

  

Related Topics

肥満と癌の関係

ロシアンルーレットに参加しますか?

健康食品による健康被害